Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Windows XPへのゼロデイ攻撃、バックドアに感染するおそれ

「Windows XP」に対するゼロデイ攻撃が発生している問題で、トレンドマイクロは、攻撃に用いられた「Adobe Reader」の脆弱性や悪用により感染するバックドアなど、詳細を明らかにした。

今回明らかになった脆弱性は、「Windows XP」および「Windows Server 2003」において、特権が昇格する「CVE-2013-5065」。不正なアプリを起動すると端末の制御を奪われるおそれがある。FireEyeが発見し、Microsoftに報告。11月28日にセキュリティアドバイザリを公開した。すでに細工したPDFを用いた標的型攻撃が確認されている。

Trend Microも今回の攻撃を確認しており、攻撃コードを分析している。同社によれば、PDFファイルを悪用した攻撃では、「Adobe Reader」や「Adobe Acrobat」の既知の脆弱性「CVE-2013-3346」を悪用することにより、今回のゼロデイ脆弱性を攻撃していた。

「CVE-2013-5065」で生じた特権の昇格により、不正プログラムのインストールが可能となり、バックドア「BKDR_TAVDIG.GUD」に感染。さらにファイルのダウンロードや実行を行うほか、外部のコマンド&コントロール(C&C)サーバに接続し、情報が漏洩するおそれがあったという。

今回のゼロデイ攻撃に用いられたAdobe Readerなどの脆弱性「CVE-2013-3346」は、8月にAdobe Systemsが公開したセキュリティアップデートで修正されている。最新版にアップデートすることで攻撃を回避することができる。

(Security NEXT - 2013/11/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「VMware ESXi」に深刻な脆弱性 - ホスト上でコード実行のおそれ
スマートコントラクト向けの脆弱性モニタリングサービス - NRIセキュア
「WordPress」向けeラーニングシステム構築プラグインに複数脆弱性
「Adobe Acrobat/Reader」に悪用リスク高い脆弱性 - 早期適用推奨のアップデートが13日に公開予定
PowerDNSに複数脆弱性、アップデートで修正 - バグ判明で急遽再リリースも
Windows版「Evernote」にリモートよりコマンド実行が可能となる脆弱性
IoT向け組込OS「AWS FreeRTOS」に複数脆弱性 - コード実行のおそれ
同一コアのスレッド同時実行技術に脆弱性 - サイドチャネル攻撃「PORTSMASH」が明らかに
JPCERT/CCのログ可視化ツールにコードインジェクションなど複数脆弱性 - 修正版がリリース
複数の自己暗号化ドライブに脆弱性 - 復号化のおそれ