Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

講演参加者の個人情報が記載されたアンケート用紙を紛失 - 和歌山市

和歌山市は、都内で開催した講演会で参加者から回収したアンケート用紙を紛失したと発表した。

同市によれば、11月17日に東京都文京区の六義園内で講演を開催。参加者37人を対象にアンケートを実施したが、同日、回答用紙を入れた鞄を同市職員が紛失したという。警察へ届け出たが見つかっていない。

アンケート用紙には、同市からの情報提供を希望した参加者の氏名、住所、メールアドレスなどが記載されていた。同市では対象となる参加者に、報告と謝罪を進めている。

(Security NEXT - 2013/11/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

メール誤送信で製品モニター応募者のメアド流出 - 大王製紙
図書館のウェブサーバから個人情報流出の可能性 - 島根大
アンケートメールで誤送信、メアド流出 - 主婦と生活社
マネースクウェア・ジャパン、顧客情報約11万件の流出を確認
従業員による患者情報の無断取得、通報あるも対応に問題 - バイエル薬品
モニター向け案内メールの誤送信でメアド流出 - 長野市
国交省関連サイトから情報流出の可能性 - 「Struts 2」脆弱性突かれ不正プログラム設置
調査に協力した患者のカルテを従業員が不正に閲覧 - バイエル薬品
企業から返送されたアンケート調査票を誤廃棄 - 岩手県立大
一部無関係の住所を誤記載したハガキを発送 - 味の素