Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ラック、他社との連携によりサイバー攻撃研究を強化

ラックは、他セキュリティベンダーとの連携を強化し、共同研究を推進すると発表した。手はじめに、セキュアブレインとアズビルセキュリティフライデーと連携する。

日本を対象としたサイバー攻撃の高度化や複雑化が進んでいることから、より効果的なセキュリティ対策を提供することを目指して、同社では従来の研究体制を一新。他社と共同研究を進めるフレームワーク「サイバー・グリッド・ジャパン構想」を構築するという。

他社との連携によってより高度で専門的かつ有機的な連携を目指し、学術的な研究をはじめ、インシデントの事後解決といった活動を展開していく。

手はじめに、マルウェア解析分野でノウハウを持つセキュアブレイン、金融機関に対するサイバー攻撃対策の分野に強みを持つアズビルセキュリティフライデーと連携。今後も取り組みに賛同する企業などを募集していく。

(Security NEXT - 2013/11/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

安全なデータ利活用の企業実態について報告書 - IPA
金融庁、100社参加の横断的演習を実施 - 仮想通貨取引所やFX事業者が初参加
人材スキルマップ「SecBoK」が改定 - タスクやロールにもフォーカス
中南米のセキュリティ体制やCSIRT動向は? - JPCERT/CCが調査報告
NEC、社内SE向けにセキュリティ演習拠点を新設 - 仮想マシン130台が稼働
セーフティクリティカルなシステムでのLinux活用目指してプロジェクト
情報銀行向けプラットフォームで実証実験 - NTTデータ
5秒の自然会話で認証する技術を開発 - NEC
東大、「情報セキュリティ教育研究センター」設置 - 横断的研究と人材育成を推進
2018年4Qの標的型攻撃情報、6割がプラント関連狙い