Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

保険証コピーやカルテなど流出、廃棄予定の書類が盗難か - 吹田市民病院

大阪府吹田市の吹田市民病院において、保管期間が経過し、廃棄予定だった患者のカルテや保険証のコピーなどが、盗難被害に遭っていたことがわかった。

被害に遭ったのは、患者のカルテや、保険証および医療証のコピーなど3739件。患者の氏名、住所、電話番号、既往症などが記載されていた。

保管期間が過ぎたため、機密文書として処分する予定だったもので、廃棄業者が処分場へ運搬するはずだったが、業者が運ぶ前に何者かによって持ち去られた。

その後、第三者によって病院に持ち込まれ、同院では警察の協力を得て盗難された書類を回収したという。現時点では、情報の不正利用などは確認されていない。対象となる患者へ個別に文書を送付するなどの対応を進めている。

(Security NEXT - 2013/11/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

課外講座の受講者など個人情報含むUSBメモリ紛失 - 近畿大
行政文書を紛失、誤廃棄の可能性も - 公取委
定期預金の印鑑届を紛失、誤って廃棄か - 北越銀
800件の口振ハガキ、圧着不十分で中身見える状態に - 廃棄物処理事業者
秘書検定の答案が所在不明、再試験を実施 - 実務技能検定協会
国保給付申請書1.3万件を紛失 - 神戸市
印影など含む振替払出書などを紛失 - ゆうちょ銀
2支店で伝票約1万4000件を紛失 - きのくに信金
医療センターの問診票が運搬中に飛散 - 春日部市
償還予定表など顧客情報含む書類が所在不明に - 住宅金融支援機構