Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「セキュリティ・ミニキャンプ」が沖縄で初開催

セキュリティ・キャンプ実施協議会、情報処理推進機構(IPA)、内閣府は共同で、12月21日と翌22日の2日間にわたり、「セキュリティ・ミニキャンプ in 沖縄」を開催する。

「セキュリティ・ミニキャンプ」は、情報セキュリティの人材発掘や育成を目的とした学生向けイベント。若年層の情報セキュリティ人材の育成に関心が高い地域で、2012年度より地方大会として展開しており、今回はじめて沖縄に上陸する。

イベントの会場は、沖縄科学技術大学院大学で、「ソフトウェア・セキュリティ・クラス」「ネットワーク・セキュリティ・クラス」を用意し、2クラスあわせて約20名を募集する。対象は、国内に在住し、過去のセキュリティ・キャンプに一度も参加したことがなく、2014年3月末の時点で22歳以下の学生や生徒。

参加費は無料。宿泊費、食事代なども不要で、往復交通費のみ参加者の負担となる。応募締め切りは、11月22日17時必着。詳細や応募用紙は沖縄ITパークの案内ページから。

(Security NEXT - 2013/11/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

チケットキャンプ、本人認証を厳格化 - 不正出品対策で
セキュキャン2017の参加者決定 - 3割が地方大会経験者
セキュキャン修了生向けイベント「セキュリティ・コアキャンプ2017」 - 成長の機会を提供
「セキュキャン2017」が参加者募集を開始 - 単一テーマ取り組む「集中コース」も
IPA、「セキュキャン2017」会場の事前確認公募を開始
IPAら、「セキュリティ・キャンプフォーラム2017」を開催
SECCON予選も佳境 - 横浜大会ではルート化禁止できないゲーム業界の裏事情も
学生向け合宿イベント「セキュキャン全国大会」の参加者が決定 - 競争率は約4.5倍
「セキュキャン2016」の参加者募集を開始 - 集中講義を新設
マンガ「サイバーセキュリティのひみつ」の電子書籍版が無償公開