Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「eoWEBメール」装うフィッシングが再度発生 - 前回同様、不自然な日本語で記載

ケイ・オプティコムが運営するウェブメールサービス「eoWEBメール」を装ったフィッシング攻撃が発生している。

131115ac_001.jpg
フィッシング対策協議会が確認したフィッシングメール

10月に同サービスを装った攻撃が確認されているが、フィッシング対策協議会によれば、再び同様の攻撃が発生しているという。

問題のメールでは、「メンバーシップを確認する必要がある」などと説明、偽サイトへ誘導する。メールの本文には、機械翻訳と見られる不自然な日本語が用いられており、日本語を母国語としない人物が作成した可能性が高い。

同協議会では、サイトの閉鎖に向けてJPCERTコーディネーションセンターへ調査を依頼。類似したフィッシングサイトが発生する可能性があるとして注意喚起を行うとともに、情報提供を呼びかけている。

(Security NEXT - 2013/11/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

職員にフィッシング攻撃、個人情報流出の可能性 - NHK
偽メルカリに注意 - 4月23日の「振込申請ルール変更」に便乗
NZ銃乱射事件に便乗するマルウェア拡散やフィッシング詐欺に注意を
ゲームアイテムの購入明細を装うフィッシングに注意
「ゆうちょ銀」の偽サイトに注意 - 「合言葉」など詐取
「LINE」装う時間指定フィッシングが再発 - 攻撃者の始業時間が1時間早まる?
Visaカード発行事業者装うフィッシングに注意
アカウント情報狙う偽「PayPal」に注意 - 短縮URLを悪用
メールの添付ファイルやURLの開封環境を分離するソリューション - マクニカネット
ウェブ上の電話番号に潜む危険 - 「Googleマップ」や「Wikipedia」経由で詐欺誘導