Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「eoWEBメール」装うフィッシングが再度発生 - 前回同様、不自然な日本語で記載

ケイ・オプティコムが運営するウェブメールサービス「eoWEBメール」を装ったフィッシング攻撃が発生している。

131115ac_001.jpg
フィッシング対策協議会が確認したフィッシングメール

10月に同サービスを装った攻撃が確認されているが、フィッシング対策協議会によれば、再び同様の攻撃が発生しているという。

問題のメールでは、「メンバーシップを確認する必要がある」などと説明、偽サイトへ誘導する。メールの本文には、機械翻訳と見られる不自然な日本語が用いられており、日本語を母国語としない人物が作成した可能性が高い。

同協議会では、サイトの閉鎖に向けてJPCERTコーディネーションセンターへ調査を依頼。類似したフィッシングサイトが発生する可能性があるとして注意喚起を行うとともに、情報提供を呼びかけている。

(Security NEXT - 2013/11/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

大阪北部地震へ便乗するサイバー攻撃や詐欺などに警戒を
「W杯」便乗のサイバー攻撃に注意を - 選手の検索結果に危険が潜む場合も
教職員29アカウントが乗っ取り被害、メール3500件を攻撃者へ転送 - 横浜市立大
2段階認証の設定に見せかけた「LINE」のフィッシングが再度発生
偽Appleのフィッシングメール、偽Amazonに誘導 - 攻撃者のミスか
「bitFlyer」を装うフィッシング - アカウント情報や仮想通貨を詐取
メールボックスの振る舞いを機械学習するフィッシング対策ソリューション
「MyEtherWallet」装うフィッシング攻撃に注意 - 複数URLで稼働
書き出しが「Appleをご利用いただきありがとうございますが、」のフィッシングメール
セゾンカード利用者狙うフィッシング - 「IDを暫定的に変更」とだます手口