Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

郵便物の配達に使用する居住者リストの紛失が再び発生 - 上野郵便局

都内の上野郵便局において、配達エリアの居住者に関する情報を記載した内部資料の紛失が判明した。同局では、同様の紛失事故が10月末にも発生している。

日本郵便東京支社によれば、所在不明となっているのは郵便物の配達に使用する居住者情報を記載した内部資料。11月11日に紛失が発生した。

紛失した資料には、配達エリアである台東区根岸の一部世帯情報が記載されていた。現在居住している22世帯89人の世帯主氏名または会社名、住所、家族や同居人の氏名と、過去居住していた25世帯36人の氏名または会社名を含むという。同社は、同様の事態が発生しないよう、あらためて指導を徹底したいとしている。

(Security NEXT - 2013/11/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ポイントカード申込書が所在不明、2カ月分の郵送が未着 - キリン堂
県民意識調査の対象者名簿が所在不明に - 福岡県
顧客情報含む書類が盗難被害 - 兵庫県の郵便局
補助金申請事業者の情報含むUSBメモリが所在不明 - 東京商工会
日本郵政公社、金融機関の郵便物誤配達1件を公表
マイナンバー含む扶養控除申告書が車上荒らしで盗難 - 鳥貴族FC加盟店
英検の答案用紙が所在不明 - 郵送するも届かず
DMの一部に異なる顧客の氏名を印字 - ベイシア電器
マイナンバー通知書を書留扱いせずに配達
マイナンバー通知書の配送事故、11月に入り全国で38件