Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

奨学生申込者名簿をキャンパス内に一時的に放置 - 東大大学院

東京大学において、個人情報が記載された名簿がキャンパス内に一時放置される事態が発生したことを公表した。

同大大学院総合文化研究科によれば、11月1日14時ごろ、同大学駒場キャンパス内生協のレジ付近に、クリアファイルに入った状態で置かれ、不特定多数の目に触れる状態で約30分ほど放置されていたという。

置き忘れた書類は「日本学生支援機構大学院奨学生申込者名簿」で、13人の氏名、受験番号、専攻系名、希望種別、推薦順位などが記載されていた。同大学では関係者に直接報告と謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2013/11/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

教員免許更新講習受講者へのメールで送信ミス - 関西国際大
患者情報記載のメモ帳を学内で紛失 - 福島県立医科大病院
学生の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 富山大
課外講座の受講者など個人情報含むUSBメモリ紛失 - 近畿大
がん患者情報を誤送信、煩雑となり個人情報記載 - 横浜市立大病院
学生の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 北海道情報大
分析機器納入業者が患者遺伝子検査データを持出 - 九大病院
教員が都システムから収集したメアド宛にセミナー案内 - 明海大
教員メルアカ、スパム送信の踏み台に、メールの不正閲覧も - お茶の水女子大
学生メルアカが乗っ取られスパム送信、情報流出の可能性も - 東北工業大