Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Windows 8.1」のリリースに便乗した偽販売サイトが増加

「Windows 8.1」の発売に便乗したWindows製品の海賊版販売サイトが確認されているとして、BBソフトサービスが注意を呼びかけている。

同社によれば、新OSが発売される直前より不正サイトの検知数が増加しているという。こうした不正サイトは、関心が高い新製品を扱うことでユーザーを誘引。「Windows 8」の購入者は「同8.1」に無料アップデートできることに便乗し、海賊版などを売りつけようとする。

同社では、不正サイトであるか判断するポイントとして、「サイトにおける日本語が不自然」「商品の発送元が中国やアジア」「実在しない日本の住所を使用」「実在する住所だが会社が存在しない」「銀行口座の名義が外国人名」などを挙げているが、不審な点がない精巧な不正サイトも存在しているとして注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2013/11/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

カード決済時の本人認証「3Dセキュア」を狙うフィッシングに注意
偽「津波警報発表」メールに注意 - 不安煽って偽サイトへ誘導
「アカウントを永久に閉鎖」と不安煽る偽Amazon - 「Amzon」との記載も
アマゾン装うフィッシング - アカウントの「盗難」「閉鎖」など複数口実で誘導
「LINE」利用者を狙うフィッシング報告が増加
宅配便不在通知を偽装したSMS、7月中旬より相談急増
8月修正のゼロデイ脆弱性、「Darkhotel」と関連 - 背後に北朝鮮の影
「セゾンNetアンサー」装うフィッシング - 暫定的なID変更と不安煽る手口
Android狙う情報窃取アプリ、SMSで拡散 - 銀行アプリを偽物に置換
「支払い方法が他人に変更された」と不安煽る偽ソフトバンクに注意