Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Windows 8.1」のリリースに便乗した偽販売サイトが増加

「Windows 8.1」の発売に便乗したWindows製品の海賊版販売サイトが確認されているとして、BBソフトサービスが注意を呼びかけている。

同社によれば、新OSが発売される直前より不正サイトの検知数が増加しているという。こうした不正サイトは、関心が高い新製品を扱うことでユーザーを誘引。「Windows 8」の購入者は「同8.1」に無料アップデートできることに便乗し、海賊版などを売りつけようとする。

同社では、不正サイトであるか判断するポイントとして、「サイトにおける日本語が不自然」「商品の発送元が中国やアジア」「実在しない日本の住所を使用」「実在する住所だが会社が存在しない」「銀行口座の名義が外国人名」などを挙げているが、不審な点がない精巧な不正サイトも存在しているとして注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2013/11/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「端末が不正利用」とキャリアの緊急連絡偽うメールに注意 - 情報窃取アプリの導入促す
偽メルカリに注意 - 4月23日の「振込申請ルール変更」に便乗
アダルトサイト有料会員狙う攻撃が拡大 - ダークウェブで売買されるアカウント
Visaカード発行事業者装うフィッシングに注意
アカウント情報狙う偽「PayPal」に注意 - 短縮URLを悪用
「不正ログインでリセット」とウソ - 「三井住友カード」装うフィッシングに注意
うさぎ用品の通販サイトが改ざん - 偽決済画面でカード情報詐取
「アカウントは閉鎖されます」 - 偽Amazonからのメールに注意
「Amazonプライム」の会員狙うフィッシング - ブランド名を誤るミスも
「第一暗証はワンタイムパスワードではございません」 - 三井住友銀かたるSMSに注意