Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Windows 8.1」のリリースに便乗した偽販売サイトが増加

「Windows 8.1」の発売に便乗したWindows製品の海賊版販売サイトが確認されているとして、BBソフトサービスが注意を呼びかけている。

同社によれば、新OSが発売される直前より不正サイトの検知数が増加しているという。こうした不正サイトは、関心が高い新製品を扱うことでユーザーを誘引。「Windows 8」の購入者は「同8.1」に無料アップデートできることに便乗し、海賊版などを売りつけようとする。

同社では、不正サイトであるか判断するポイントとして、「サイトにおける日本語が不自然」「商品の発送元が中国やアジア」「実在しない日本の住所を使用」「実在する住所だが会社が存在しない」「銀行口座の名義が外国人名」などを挙げているが、不審な点がない精巧な不正サイトも存在しているとして注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2013/11/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

偽bitFlyerによるフィッシング攻撃 - 「アカウント凍結」で不安煽る
LINEを装う「雑な」フィッシング攻撃が発生
「アカウントで利用規約違反」と不安煽る偽Amazonに注意
Apple装うフィッシングが再発 - 「Apple IDをロック」とだます手口
OMCカード会員狙うフィッシング - 約1年3カ月ぶりの注意喚起
「24時間以内に対応しないとアカウント無効」 - 不安煽る偽Apple
セゾンカード利用者だますフィッシング攻撃 - 「不正アクセスを確認」と不安煽る
先週のAppleに続きMSのフィッシング攻撃が発生中
Apple装うフィッシング再び - 偽サイトはいずれもHTTPS対応
「セキュリティ質問」まで奪う「偽Apple」 - 1週間で2500件超の偽メールを観測