Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

10月は偽セキュリティ対策ソフト配布サイトが大幅増、不正サイトの12%占める - BBSSレポート

BBソフトサービスは、10月に同社のセキュリティ対策ソフト「Internet SagiWall」で検知した不正サイトの状況を取りまとめた。

レポートによれば、10月に検知した不正サイトは76万2005件。9月の66万7847件から14.1%増加した。検知数の増加原因となったのは偽セキュリティ対策ソフトの配布サイト。全体の割合を見ても、9月の0.2%から10月には10ポイント増の12.2%に上昇している。

そのほか、不正サイトを種類別に見ると、「ワンクリック・不当請求詐欺サイト」が前月より9.7ポイント減の88.5%、「フィッシング詐欺サイト」は1.4%、「脆弱性悪用サイト」は0.6%、「マルウェア感染サイト」が0.1%だった。

(Security NEXT - 2013/11/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「SSL VPN」の脆弱性探索行為、国内でも観測
Intel CPUにネットワーク経由で情報漏洩のおそれ - 「NetCAT攻撃」明らかに
OpenSSLにアップデート、重要度「低」の脆弱性3件に対応
「Chrome 77」で52件のセキュリティ修正 - EV証明書の常時組織名表示を削除
「Chrome」がアップデート、重要度「高」の脆弱性を修正
「Flash Player」に2件の深刻な脆弱性 - アップデートをリリース
MS、月例パッチで脆弱性79件を修正 - 一部でゼロデイ攻撃が発生
CMSの「SHIRASAGI」にオープンリダイレクトの脆弱性
法人向け「ウイルスバスター」狙う攻撃が複数発生 - 設定無効化のおそれ
「Exim」に深刻な脆弱性 - リモートよりコマンド実行のおそれ