Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

10月は偽セキュリティ対策ソフト配布サイトが大幅増、不正サイトの12%占める - BBSSレポート

BBソフトサービスは、10月に同社のセキュリティ対策ソフト「Internet SagiWall」で検知した不正サイトの状況を取りまとめた。

レポートによれば、10月に検知した不正サイトは76万2005件。9月の66万7847件から14.1%増加した。検知数の増加原因となったのは偽セキュリティ対策ソフトの配布サイト。全体の割合を見ても、9月の0.2%から10月には10ポイント増の12.2%に上昇している。

そのほか、不正サイトを種類別に見ると、「ワンクリック・不当請求詐欺サイト」が前月より9.7ポイント減の88.5%、「フィッシング詐欺サイト」は1.4%、「脆弱性悪用サイト」は0.6%、「マルウェア感染サイト」が0.1%だった。

(Security NEXT - 2013/11/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Drupal」がアップデート - 依存ソフトの更新受け
「jQuery 3.4.0」がリリース - 脆弱性の修正も
ウェブアプリケーションフレームワーク「Symfony」に複数の脆弱性
業務支援ツール「Confluence」にあらたな脆弱性 - 既知脆弱性の悪用被害も
ゼロデイ攻撃への悪用目立つ「権限昇格の脆弱性」
複数「VPNアプリ」に「Cookie」窃取されるおそれ - 一部ベンダーは反論
研究者が最新版IEの脆弱性を指摘 - 修正予定なく、実証コードが公開へ
Oracle、四半期定例アップデートを公開 - 脆弱性297件を修正
「Java SE」最新版がリリース - 5件の脆弱性に対応
Windows向け「Apache Tomcat」にリモートよりコード実行のおそれ