Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

警視庁とALSOK、サイバー犯罪対策で協定を締結

綜合警備保障(ALSOK)と警視庁は、巧妙化するサイバー犯罪の被害拡大防止に向けて協定を締結した。

20131112al_001.jpg
協定の概要(図:ALSOK)

サイバー犯罪の認知や被害防止に向けて相互協力していくことで、協定を締結したもの。犯罪の認知から捜査における技術的な協力、情報共有などを推進する。

ALSOKが、同社顧客に対する不正アクセスやDoS攻撃、ウイルス、フィッシングなどといった被害を認知した場合、顧客の承諾を得た上で警視庁に通報。一方、通報を受けた警視庁は、同社の事業運営に配慮しつつ、捜査協力のもと積極的に事件化を図る。

両者は協力しながら関係企業に情報提供を行うほか、必要に応じて警視庁が助言や援助なども行う。また顧客から許可を得た場合については事態を公表。情報共有を進め、警視庁とサイバー犯罪の防止施策に活用していくという。

(Security NEXT - 2013/11/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

警視庁と仮想通貨取引所10社、サイバー犯罪の対処で協定
2017年上半期のサイバー犯罪検挙数は4209件 - 仮想通貨の不正送金被害も
JC3、不正送金マルウェアの感染メールについて注意喚起
都が中小企業向けに相談窓口 - 支援ネットワーク「Tcyss」を設立
都や警視庁、支援団体が中小企業のセキュリティ対策強化でスクラム
神奈川県警、「サイバー犯罪捜査官」を募集 - 技術者にラブコール
国内初の不正送金ボットネット掃討作戦 - 国内4万台の利用者に駆除要請
警視庁と日本マイクロソフトが連携 - 情報提供や人材育成支援で
警視庁とセコムトラストシステムズ、サイバー犯罪対策で協定
警察庁、捜査効率化に向けた「サイバー犯罪特別対処班」を新設