Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

一太郎シリーズに深刻な脆弱性 - 修正用のアップデートが公開

ジャストシステムは、同社の人気ワープロソフト「一太郎シリーズ」に任意のコードが実行される脆弱性が見つかったことを明らかにした。脆弱性を修正するアップデートモジュールの提供を開始している。

20131112js_001.jpg
脆弱性についてアナウンスを開始したジャストシステム

同社によれば、細工を施されたファイルを開くなど脆弱性「CVE-2013-5990」が悪用された場合、悪意あるプログラムが実行されるなど端末の制御を奪われる可能性があるという。

影響を受けるのは、同シリーズの「一太郎2006」以降で、ガバメント版や体験版、ポータブル版、ビューアなどについても脆弱性が存在する。同社では、関連製品向けに脆弱性を修正するためのアップデートモジュールを用意。ウェブサイトで提供している。

(Security NEXT - 2013/11/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Drupal」がアップデート - 依存ソフトの更新受け
「jQuery 3.4.0」がリリース - 脆弱性の修正も
ウェブアプリケーションフレームワーク「Symfony」に複数の脆弱性
業務支援ツール「Confluence」にあらたな脆弱性 - 既知脆弱性の悪用被害も
ゼロデイ攻撃への悪用目立つ「権限昇格の脆弱性」
複数「VPNアプリ」に「Cookie」窃取されるおそれ - 一部ベンダーは反論
研究者が最新版IEの脆弱性を指摘 - 修正予定なく、実証コードが公開へ
Oracle、四半期定例アップデートを公開 - 脆弱性297件を修正
「Java SE」最新版がリリース - 5件の脆弱性に対応
Windows向け「Apache Tomcat」にリモートよりコード実行のおそれ