Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ランサムウェアやネットバンク狙うマルウェアが急増 - トレンドレポート

データを使用不能にして金銭を脅し取るランサムウェアや、オンラインバンキングにおいて不正送金を行うマルウェアの検出数が急増している。

トレンドマイクロが2013年第3四半期の状況について取りまとめたもの。同社によれば、オンラインバンキングを狙った不正ツールの検知数増加が顕著で、8月には過去最多となる9282件を検知。四半期単位で比較すると、前四半期の1.5倍、前年同期比では3.1倍へと拡大している。

実際に不正送金による被害額を見ても、警察庁の調べでは9月20日の時点で5億5000万円と過去最悪の状況。同社はこうした背景について、海外の犯罪組織が日本国内において活動を活発化させていることを一因に挙げている。

また同四半期は、ワンクリックウェア、偽セキュリティ対策ソフト、ランサムウェアなども継続して検出されている。8月にはあわせて672件の感染報告があり、3月の713件に次ぐ件数となった。

なかでもランサムウェアは、8月に5769件を検出。これまでの検出数は多くても1000件前後であり、急激な増加を記録した。感染被害報告も71件と、過去最多だったという。

(Security NEXT - 2013/11/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

クラウドセキュ市場、今後5年で2.4倍に
2019年2Qのランサム新亜種1.6万件 - 前年同期から倍増
2019年上半期、金融資産狙うマルウェアの検知数が7%増
標的型攻撃の72%が正規機能を悪用 - 「CSVファイル」悪用が1割強
2019年2Q、標的型メール攻撃75件 - 約7割がプラント関連
DDoS攻撃の踏み台、国内に少なくとも20万弱 - ボットは962件
2019年2Qは「フィッシング」「マルウェアサイト」が増加
Wi-Fi対応ストレージ製品の脆弱性狙うアクセス増 - 国内IPアドレスからも
9カ国調査、コンシューマーの半数でサイバー被害 - 日本は4割
ログイン可能機器、約9000万IPアドレスで147件 - 「NOTICE」調査結果