Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Tiki Wiki」にXSSの脆弱性 - アップデートが公開

コンテンツマネジメントシステム(CMS)の「Tiki Wiki CMS Groupware(Tiki)」に、クロスサイトスクリプティングの脆弱性が含まれていることがわかった。

脆弱性ポータルサイトのJVNによれば、今回見つかった脆弱性「CVE-2013-4714」が悪用されると、ログインしている利用者のウェブブラウザ上で任意のスクリプトが実行される可能性があるという。

すでに脆弱性を修正した「同11.1」「同10.4」「同9.7LTS」「同6.13LTS」が公開されており、開発者などはアップデートを呼びかけている。

今回の脆弱性は、bogus.jpの東内裕二氏が情報処理推進機構(IPA)へ報告。JPCERTコーディネーションセンターが開発者との調整を実施した。

(Security NEXT - 2013/11/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「VMware ESXi」に深刻な脆弱性 - ホスト上でコード実行のおそれ
「Adobe Acrobat/Reader」に悪用リスク高い脆弱性 - 早期適用推奨のアップデートが13日に公開予定
「Adobe Acrobat/Reader」に脆弱性、実証コードが公開済 - 早急に更新を
「Adobe Flash Player」に情報漏洩の脆弱性 - 悪用は未確認
「WordPress」の人気eコマースプラグインに脆弱性 - 権限昇格のおそれ
「Chrome 70.0.3538.102」がリリース - セキュリティ関連の修正は3件
スマートコントラクト向けの脆弱性モニタリングサービス - NRIセキュア
「WordPress」向けeラーニングシステム構築プラグインに複数脆弱性
PowerDNSに複数脆弱性、アップデートで修正 - バグ判明で急遽再リリースも
Windows版「Evernote」にリモートよりコマンド実行が可能となる脆弱性