Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

セーファーインターネット協会、有害情報の排除事業をスタート

セーファーインターネット協会(Safer Internet Association)は、違法有害情報の排除を目指した「Safe Line事業」を11月11日より開始する。

同協会は、表現の自由と各種権利侵害の調整や違法有害情報対策について、国内外に政策提言を行うことを目的に設立した民間団体。ヤフー、アルプスシステムインテグレーション(ALSI)、ピットクルーの3社で5月に設立した。

統計を用いた科学的アプローチ、数値化した効果検証スキームを通して、実効的な対策を立案し実行していくことを目標としている。正会員である3社のほか、賛助会員として、ミクシィ、グリーが参加している。

今回開始する「Safe Line事業」は、インターネット利用者からの連絡をもとに、ネット上の問題ある情報の管理者に対して削除を促したり、警察への通報を行う取り組み。

スマートフォンの普及などを受け、インターネット利用の拡大にともない、トラブルの事例報告が増加しているとして、関連省庁との協力を通じて対策を推進するという。

(Security NEXT - 2013/11/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ALSI、夏休み限定でフィリタリングソフトを無償提供
子どもの4人に1人がSNSでトラブル - 不正ログインや架空請求も
ESET個人向け製品、新版でランサム対策など追加 - モニター版を公開
「リベンジポルノ」削除依頼の8割が削除へ - 拡散前に早期相談を
「児童ポルノ」は要請の9割、「リベンジポルノ」は7割が削除に - SIA
カスペルスキー、モバイル製品の新版でLollipop対応
Windows向けESETに新版 - ボット対策やJava脆弱性を防御
ボットや脆弱性攻撃の対策機能を強化したESET新版 - モニター提供が開始に
NTT西、「フレッツ光」ユーザー向けにウェブフィルタリングサービスを提供
ウイルス検索エンジンを一新した「G Data 2014」 - MITB対策機能も