Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

生活保護受給者の個人情報を受給者宅に一時置き忘れ - 大阪市

大阪市平野区において、生活保護受給者の個人情報が記載された「世帯票」を、ケースワーカーが家庭訪問先の受給者宅に置き忘れて一時的に紛失していたことがわかった。

10月31日11時40分ごろ、ケースワーカーが生活保護受給者の家庭訪問を行った際、世帯票を訪問先に置き忘れたまま退出。その後訪問先の受給者から連絡があり、同日12時40分に回収した。

一時紛失した世帯票には、生活保護受給者66世帯の氏名、住所、電話番号、年齢、国籍、生活保護開始日、登録口座のほか、世帯主の入院先、子供の保育所や学校名などが含まれる。

対象となる世帯には、回収後に直接訪問して説明と謝罪を行った。同市では、個人情報を持ち出す際の規定をあらためて周知徹底するとしている。

(Security NEXT - 2013/11/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

学生情報含むPCを空港に置き忘れて紛失 - 札幌医科大
市有地売却先に用地取得関連の情報含む書類を置き忘れ - 大阪市
小学校で修学旅行の職員用しおりを紛失 - 関市
講師が学生の個人情報含むノートPCを紛失 - 共立女子大
8100人分の個人情報入りUSBメモリが所在不明 - 海城中高
学生の個人情報含む書類を海外研修先で紛失 - 中部大
個人情報記載の調査関係書類を一時紛失 - 大阪府
個人情報が保存されたノートPCが所在不明 - NICT
学生の個人情報含む書類やPCを紛失 - ニトリ
トイレに置き忘れ、生徒の個人情報含む資料が所在不明に