Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

複合機上の個人情報がインターネット経由で閲覧可能に - 東大

東京大学は、同大医科学研究所が利用しているデジタル複合機2台のデータが、インターネット上で閲覧可能な状態だったことを公表した。

同大によれば、2台の複合機がインターネット経由でアクセス可能な状態で、読み込んだデータが外部から閲覧可能になっていたもの。11月6日午後に報道機関から指摘を受け、問題に気が付いたという。

意図せず公開していたデータには、他大学の学生115人の試験結果、医科学研究所職員の氏名が記載されたセミナー受講証12人分など個人情報が含まれる。患者の個人情報などは含まれていない。

同大では、公開されていたデジタル複合機に対するアクセスを制限。対象となる学生や関係者に報告と謝罪を行う。また原因究明と再発防止に取り組む。

(Security NEXT - 2013/11/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

顧客情報含むファイルがアクセス可能な状態に - まつ毛エクステ店
学内用掲示板でアクセス制限不備、個人情報流出の可能性 - 吉備国際大
農業従事者向けメールで誤送信 - 富山県
出前アプリ「LINEデリマ」で不具合 - 他顧客情報に書き換わる
開発途中の情報サイトが閲覧可能に、個人情報も - 滋賀県
動画視聴の案内メールを誤送信 - NSCAジャパン
お知らせメール誤送信で患者のメアド流出 - 広島の産婦人科
メールアドレス確認メールで誤送信 - 神戸市産業振興財団
SNSサイト「ふどうさん女子」で一部会員情報が閲覧可能に
Ruby技術者認定試験の合格者リストを誤って公開 - 一部GDPRの影響も