Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ネットワークフォレンジックの項目を追加した「証拠保全ガイドライン第3版」

デジタル・フォレンジック研究会は、「証拠保全ガイドライン 第3版」を提供している。同研究会のウェブサイトよりダウンロードすることができる。

同ガイドラインは、証拠保全を行う範囲や原本同⼀性の保証する程度といった課題を踏まえつつ、国内における電磁的証拠の保全手続きについてガイドラインにまとめたもの。

インシデント現場において、最初に電磁的証拠の保全にあたる「ファーストレスポンダー」をおもな対象としているが、デジタルフォレンジック分野において幅広く活用できる内容となっている。

同ガイドラインは、2010年に初版が発表され、2012年7月に改訂版となる第2版を公開。デジタルフォレンジックにおける事前準備からインシデント発生直後の対応、証拠の収集、保全、機器の準備や作業などの手順などをガイドラインとして提供してきたが、今回あらたにネットワークログからのデータ抽出など、ネットワークフォレンジックに関する項目を追加した。

あらたな不正調査や、クラウド、携帯電話、スマートフォンといった環境に関しては、次版移行の検討課題としている。

(Security NEXT - 2013/11/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

サイバー保険付帯のサーバ脆弱性対策サービス
メモリランダム化でエクスプロイトを防ぐ「Morphisec」を発売 - IWI
国内IT大手3社、セキュリティ技術者の共通人材モデル14種類を策定
捜査機関向けAndroid調査ツールに新版 - LINEのトーク取得に対応
「証拠保全ガイドライン第7版」を公開 - IDF
「情報セキュリティサービス基準」の適合サービスリストを公開 - IPA
宿泊予約サイトの情報流出、原因はバックドア - 施設にGDPRの通知支援なども
デジタル・フォレンジック研究会が15周年、シンポジウム開催
アナリスト向け国内カンファレンス「JSAC 2019」が開催決定 - 論文募集を開始
IPA、セキュリティサービスの基準適合リストを作成へ - 審査機関も募集