Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ネットワークフォレンジックの項目を追加した「証拠保全ガイドライン第3版」

デジタル・フォレンジック研究会は、「証拠保全ガイドライン 第3版」を提供している。同研究会のウェブサイトよりダウンロードすることができる。

同ガイドラインは、証拠保全を行う範囲や原本同⼀性の保証する程度といった課題を踏まえつつ、国内における電磁的証拠の保全手続きについてガイドラインにまとめたもの。

インシデント現場において、最初に電磁的証拠の保全にあたる「ファーストレスポンダー」をおもな対象としているが、デジタルフォレンジック分野において幅広く活用できる内容となっている。

同ガイドラインは、2010年に初版が発表され、2012年7月に改訂版となる第2版を公開。デジタルフォレンジックにおける事前準備からインシデント発生直後の対応、証拠の収集、保全、機器の準備や作業などの手順などをガイドラインとして提供してきたが、今回あらたにネットワークログからのデータ抽出など、ネットワークフォレンジックに関する項目を追加した。

あらたな不正調査や、クラウド、携帯電話、スマートフォンといった環境に関しては、次版移行の検討課題としている。

(Security NEXT - 2013/11/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「情報セキュリティサービス基準適合サービス」が100件を突破
情報セキュリティ文化賞の受賞者5名を発表 - 情セ大
攻撃の対処要否を自動判断するための学習データ生成技術を開発 - 富士通研
マーケ支援サービスのクラウド認証キーが盗難被害 - 不正サーバ構築、顧客データも
マイナンバー69万件含む国税データ入力を違法に再委託
米Dellに不正アクセス、フォレンジック調査の結果を公表
Payment Card Forensicsが商号を変更 - 「P.C.F. FRONTEO」に
ログやマルウェアの無料調査ツール「FalconNest」 - ラック
アナリスト向けカンファレンス「JSAC 2019」の参加登録がスタート
サイバー保険付帯のサーバ脆弱性対策サービス