Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日本発の国際会議「CODE BLUE」が2014年2月に開催 - 論文と参加登録を受付開始

情報セキュリティに特化した日本発の国際会議「CODE BLUE」が、2月に都内で開催される。CODE BLUE事務局では、参加登録と論文の受付を11月8日より開始する。

20131105cb_001.jpg

同イベントは、トップクラスの専門家が参加する情報セキュリティの国際会議。最新の情報セキュリティに関する研究について講演が予定されている。また日本発の会議として、国内の優秀なセキュリティ研究について発信する場を提供。共同研究や事業提携、専門家のリクルーティング、国際的コミュニティの形成などの促進なども目指している。

基調講演には、米国土安全保障省(DHS)のアドバイザリーボードやICANNの最高セキュリティ責任者を務め、Black HatやDEFCONなどセキュリティ専門家のイベントを立ち上げたJeff Moss氏を招く予定。また米海軍大学校上級講師を務め、CTFの運営に携わってきたChris Eagle氏により、セキュリティコンテストによる人材育成をテーマとした講演を予定している。

会議の日程は、2014年2月17日と18日の2日間で会場は御茶ノ水ソラシティ。定員は200名。通常料金は、3万5000円。1月5日までは早期割引(3万円)にて提供する。また2月1日以降、および当日は料金が異なるため注意が必要。

(Security NEXT - 2013/11/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

カスペがEDRを投入 - サンドボックスやインテリジェンスと連携
個人情報含む携帯電話の紛失を公表 - 沖縄ケーブルネット
デジタル・フォレンジック研究会が15周年、シンポジウム開催
企業の約8割が「BEC」を経験 - 件名に「Re:」「Fwd:」追加が1.5倍
個人情報含む町議会資料を3カ月にわたり公開 - 東浦町
大阪北部地震へ便乗するサイバー攻撃や詐欺などに警戒を
約9年前に会員アカウント情報が流出か - 東芝産業機器システム
「CSVファイル」用いた標的型攻撃、4月以降も - 複数攻撃手法を併用
事業者向けのセミナー案内メールを誤送信 - 和歌山市
セキュリティ対策など整理した「医療情報システム向けAWS利用リファレンス」 - 4社が共同作成