Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

12.8%がインターネット詐欺に遭遇 - 詐欺に遭遇した3人に1人が金銭被害

12.8%がインターネット詐欺に遭遇していることがBBソフトサービスの調査で判明した。詐欺に遭遇した3人に1人は金銭的な被害に遭っていたという。

同社が、9月17日から19日にかけて、20代以上の一般のインターネットユーザーを対象に、インターネット詐欺に関する調査を実施したもの。671人から回答を得た。

20131031bs_001.jpg
詐欺の最高被害額(グラフ:BBSS)

同調査によれば、回答者自身がインターネット詐欺に遭遇した経験があるとする回答は12.8%。家族や友人を含めると24.6%となる。遭遇した詐欺の種類を見ると、危険性が比較的認知されている「アダルトサイト(31%)」「出会い系(17%)」以外にも、「動画サイト(19%)」「金融系サイト(13%)」「ECサイト(7%)」などがあった。

また被害状況について尋ねたところ、インターネット詐欺に遭遇した人のうち、34%がなんらかの金銭被害に遭っていた。これはアンケート回答者の約4%にあたる。被害額をみると、被害者のうち71%は5万円未満だが、10万円以上の被害を経験したとする回答も9%にのぼり、なかには100万円以上のケースもあった。

(Security NEXT - 2013/10/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

7月は不正広告を表示するJavaScriptが1.7倍 - 新亜種が次々開発
対応コストともなう「サイバー攻撃」「内部犯行」、43.9%が経験
約4割に「BEC」受信経験 、受信者の8.7%が送金 - 5億円以上のケースも
2018年2Qの「標的型攻撃メール」は43件 - 「CVE-2017-11882」の悪用目立つ
6月のマルウェア検出、3割弱減 - 「MS17-010」悪用が増加
企業の約8割が「BEC」を経験 - 件名に「Re:」「Fwd:」追加が1.5倍
わずか6グループで偽ショッピングサイト2万件を設置 - APWGも脅威として定義追加へ
企業3割、標的型攻撃メールを受信 - 17%がマルウェア感染
検索可能なネット表層さまようアカウント情報約22億件 - 流出事故とも一致
2017年後半に「コインマイナー」検出が急増 - 「Coinhive」の影響も