Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

dit、ネットワーク監視システム「WatchPoint 3.0」を発売

ディアイティは、ネットワーク監視システム「WatchPoint 3.0」の販売を11月1日より開始する。

同製品は、「NetFlow」「sFlow」「VoIP」のほか、WildPacketsが独自に開発した「OmniFlow」に対応したネットワーク監視システム。トラブル発生時に、パケットレベルで詳細な調査をリアルタイムに実施することができる。

最新版では、パフォーマンスを改善しており、最大100セグメント、1分あたり5万フローのネットワーク監視に対応。収集したデータは、1分単位で最大1年間の統計情報レポートとして提供できる。

また優先度によりIPパケットをクラス分けするDSCPとアプリケーションのラベリングに対応。「Oracle Financials」「SAP」「NetSuite」などのビジネスアプリケーションを解析が容易になった。

(Security NEXT - 2013/10/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

PFU、オンサイトによる簡易診断サービスを開始
制御システムのUSB対策製品を強化、一元管理に対応 - 日立
カスペ、制御システム向け製品に新版 - 20以上のプロトコルをあらたにサポート
カスペ、ハイブリッド環境を一元管理できるセキュリティ製品
ラック、中小企業を視野に入れたクラウドべースセキュリティ監視サービス
ラック、SOCサービスに保険付帯パッケージ - 調査費用や復旧費用をカバー
パブリッククラウド向けリスク可視化サービス「Evident」 - パロアルト
ソフォスとリコー、小規模向けにUTMのMSS - オンサイト対応まで支援
JPCERT/CC、Windows「Sysmon」ログの解析可視化ツールを開発 - GitHubで公開
日本オラクル、セキュリティ分析や自動対処などの新サービス - SOC向けサービス群として展開