Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

マカフィー、2014年版のセキュリティ対策ソフトを発表 - 新エンジンでスキャン速度が向上

マカフィーは、2014年版のコンシューマー向けセキュリティ対策ソフトを10月25日より提供開始する。

「マカフィーリブセーフサービス」「マカフィーオールアクセス」「マカフィートータルプロテクション」「マカフィーインターネットセキュリティ」「マカフィーアンチウイルスプラス」の最新版を提供開始するもの。最新版では、マルウェアのスキャンエンジンに「McAfee AM Core」を採用しており、同社の従来製品と比較し、スキャン速度が約50%向上したという。

「LiveSafeサービス」では、Windows、Mac、Androidなどマルチデバイスに対応したマルウェア対策にくわえ、顔や音声認証によるクラウドベースのストレージやパスワード管理機能を搭載。台数に関係なく、同一ユーザーが使用するすべてのデバイスで利用できる。

また「LiveSafeサービス」「インターネットセキュリティ」「ウイルス駆除サービス」の3製品は、販売店が在庫を持たずに販売できるプリペイドカード方式のPOSAカード版を用意する。

価格は、「マカフィーリブセーフサービス(1ユーザー1年版)」が7980円。「インターネットセキュリティ2014(3台1年版)」が6980円。3年版など手ごろな複数年版を用意している。

「オールアクセス2014(1ユーザー1年版)」が8995円。「トータルプロテクション2014(3台1年版)」が6980円。「アンチウイルスプラス2014(1台1年版)」が4095円。

また、遠隔操作でウイルス駆除を行う「マカフィーウイルス駆除サービス」についても提供する。PC1台における1案件につき6980円。

(Security NEXT - 2013/10/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

カスペ、Android用セキュリティ対策製品 - アプリロック機能追加
Avast、Mac向けセキュリティ対策ソフトの新版 - ランサム対策追加
ESET、次期版に「ふるまい監視機能」や「ホームネットワーク保護」
マカフィー、コンシューマー向けに新版をリリース - クラウドによる機械学習を活用
ノートン新版が登場 - 「ドラえもん」のような存在目指す
カスペ、コンシューマー向け製品に新版 - OS再起動時の感染を防止
「ウイルスバスター」に新版 - 機械学習と従来技術併用の強みを強調
ALSI、夏休み限定でフィリタリングソフトを無償提供
無償ランサムウェア対策ツールに日本語版 - サイバーリーズン
サイバーリーズン、ランサムウェア対策ツールを個人向けに無償提供