Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Klab、個人情報検出ソリューション事業をレピカに譲渡

Klabとレピカは、Klabがこれまで展開してきた個人情報検出ソリューション「P-Pointer」事業をレピカに譲渡する契約を締結したと発表した。

「P-Pointer」は、パソコンやサーバから個人情報を含むファイルを検出し、レポートを作成する企業向けセキュリティソリューション。150社以上の企業で導入されているという。

レピカでは「P-Pointer」、および同時に譲受したメールの配信エンジン「アクセルメール」を商品ラインナップに追加。既存のシステム事業を顧客管理や個人情報保護なども含めた総合的CRMサービスとして展開していく。

(Security NEXT - 2013/10/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

プロキシログから攻撃を検出するイスラエル製ソリューション「SecBI」 - IWI
組織に潜伏するマルウェアを発見する新サービス - PwC-CS
セキュアブレイン、ウェブアプリのソースコード診断を開始
データベース監視やPCI DSS準拠などに活用できるアプライアンス - LogLogic
メールボックスの振る舞いを機械学習するフィッシング対策ソリューション
クロス・ヘッドとエフセキュア、GDPR対策サービスを提供
コネクテッドカー向けSaaS型異常検知ソリューションを提供開始 - アズジェント
ラテラルムーブメントなど普段と異なる行動を検出する新製品 - マカフィー
ビル設備の閉域網、時間かければ侵入可能 - 省エネモニターに踏み台リスク
「FFRI yarai」にハッシュ値による脅威検索機能 - アドオンで追加予定