Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Klab、個人情報検出ソリューション事業をレピカに譲渡

Klabとレピカは、Klabがこれまで展開してきた個人情報検出ソリューション「P-Pointer」事業をレピカに譲渡する契約を締結したと発表した。

「P-Pointer」は、パソコンやサーバから個人情報を含むファイルを検出し、レポートを作成する企業向けセキュリティソリューション。150社以上の企業で導入されているという。

レピカでは「P-Pointer」、および同時に譲受したメールの配信エンジン「アクセルメール」を商品ラインナップに追加。既存のシステム事業を顧客管理や個人情報保護なども含めた総合的CRMサービスとして展開していく。

(Security NEXT - 2013/10/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

シマンテック、エンドポイントに「おとり機能」を追加 - 複数のEDRオプションも
Windows端末内の個人情報を削除、暗号化するソフト - AOSデータ
日本CA、特権アクセス管理ソリューションを国内向けにリリース
リモコン操作に対応したAndroid TV向けセキュリティ対策アプリ
Avast、モバイル向けセキュリティアプリを刷新 - AVGの検出技術を統合
Avast、中小企業向けセキュリティ対策製品 - AVGの技術を統合
「ウイルスバスター」に新版 - 機械学習と従来技術併用の強みを強調
セキュアなアプリの開発を支援するソリューション - オージス総研
インシデント対応を支援する拡張機能をリリース - タニウム
WhiteSource製OSS管理ソリューション - ライセンスや脆弱性を可視化