Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

入院患者の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 新潟県立六日町病院

新潟県立六日町病院の職員が、患者の個人情報を保存したUSBメモリを自宅に持ち帰り、紛失していたことがわかった。

同県によれば、職員が会議録を作成するため、9月17日に病院の公用USBメモリを自宅に持ち帰ったところ紛失したという。自宅や車内など捜索したが見つからず、10月10日に病院へ報告した。

紛失したUSBメモリには、会議録のほか、入院患者の病状経過や検査、処置の情報など含む会議用のファイルが保存されていた。

報告まで時間を要しており、同県では事故発生時の報告体制の確認を行うとともに、USBメモリの持出禁止の周知徹底を行うなど、再発防止に努めるとしている。

(Security NEXT - 2013/10/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

高校で個人情報含むUSBメモリを紛失 - 埼玉県
USBメモリを院内で紛失、患者情報含む可能性 - 北里大病院
小学校で児童の個人情報含むUSBメモリが所在不明 - 橿原市
患者の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 伊勢総合病院
がん検診結果など含むUSBメモリが委託先で所在不明 - 尼崎市
患者の個人情報を保存した私用USBメモリを紛失 - 国立病院機構
学生の個人情報含むUSBメモリを紛失、一部にテスト結果も - 大阪電通大
学生の個人情報を記録したUSBメモリが所在不明 - 神戸市外国語大
USBメモリを紛失、成績など学生の個人情報を保存 - 大阪産業大
高校で個人情報含むUSBメモリ紛失、データが匿名で郵送 - 大阪府