Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

福島第一原発事故の賠償関連書類をごみ箱に廃棄、一部所在不明に - 東電委託先

福島第一原発事故の損害賠償に関連する書類が、東京電力の委託先によってごみ箱に捨てられ、一部所在不明になっていることがわかった。

東電によれば、10月8日12時30分ごろ、東京都江東区にある福島原子力補償相談室の執務室近辺の屋外に、個人情報を含む原子力損害賠償の関連書類が破れた状態で落ちているのを東電従業員が発見した。

問題の書類には、不動産登記簿謄本から写した227人の氏名と住所が含まれる。同社では書類の発見後、周辺を捜索して書類の回収を行ったが、49人分の書類が回収できておらず、所在不明となっている。

同社が原因を調査したところ、原子力損害賠償に関する財物賠償の準備作業を委託していた日本補償コンサルタント協会の職員が、書類を手で破って屋外のごみ箱に捨てていたことが判明した。

個人情報含む損害賠償関連の書類を廃棄する際には溶融処理するのが東電の社内規定となっているが、委託先ではルールが十分周知されていなかったという。書類がごみ箱の外に落ちていた原因についてはわかっていない。

同社では対象となる227人に、書面で個別に謝罪する。また委託先に対して個人情報を含む書類の破棄について、ルールの徹底などを求めるとしている。

(Security NEXT - 2013/10/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

特定地区の粗大ごみ収集受付票のみが所在不明に - 大阪市
段ボール箱開き個人情報含む書類がトラックから飛散 - 岩国市
廃棄公文書が収集時に飛散、一部未回収の可能性 - 大阪市
輸血患者の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 群馬医大病院
帳票を手で破り指定外ゴミ袋で廃棄、回収されず散乱 - NTT西日本委託先
委託先で個人情報約4万件含むHDDが盗難被害 - 佐倉市
外来患者のカルテを清掃職員が誤って回収、廃棄処分 - 新潟県立病院
DVD予約票を紛失、対象者特定できず - 宝塚歌劇公式ショップ
管理マンション居住者の個人情報含む名簿を紛失 - 東急不動産グループ会社
個人情報200件含む名簿を職員が誤廃棄 - 立川市