Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

マカフィーの企業向け製品で導入されるエージェントにサービス拒否の脆弱性

マカフィー製品の共通コンポーネントである「McAfee Agent(MA)」に脆弱性が含まれていることがわかった。

「McAfee Agent」は、「VirusScan Enterprise」や「ePolicy Orchestrator(ePO)」など同社の法人向け製品で利用するエージェントソフト。同コンポーネントに含まれる「FrameworkService.exe」にサービス拒否の脆弱性が存在するという。影響を受けるのは、「同4.6 Patch 3」で、以前のバージョンも含まれる。

脆弱性を悪用されると、リモートからの攻撃によりサービス拒否に陥る可能性があるが、同エージェントにおいて、同社管理製品の「ePO」サーバのみ接続を許可している場合は、攻撃は成立しないとしている。

「同4.5 Patch 3」「同4.6 Patch 3」向けに脆弱性を修正するホットフィクスを用意。また「同4.8」以降のバージョンへのアップグレードについても推奨している。

(Security NEXT - 2013/10/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

MS、2017年最後の月例セキュリティ更新 - 脆弱性32件を修正
「Adobe Flash Player」にセキュリティアップデート - 深刻な脆弱性は含まれず
Apple、「macOS High Sierra 10.13.2」などであわせて脆弱性22件を修正
「Fluentd」向けプラグイン「parse Filter Plugin」に脆弱性
MSのマルウェアスキャンエンジンに深刻な脆弱性 - 定例外アップデートを実施
脆弱性2件を修正した「OpenSSL 1.0.2n」がリリース
多数メールクライアントに送信者偽装できる「Mailsploit」が判明 - 送信ドメイン認証では防げず
「iOS 11.2」では脆弱性14件を解消 - 「KRACK」の修正対象を拡大
「公的個人認証サービス」のインストーラに再び脆弱性
PwCサイバーサービス、IoT機器の脆弱性検査に特化したラボを開設