Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

個人情報を不正に閲覧、知人に漏洩した職員を懲戒処分 - 船橋市

千葉県船橋市は、住民の世帯情報を不正に閲覧し、内容の一部を知人に漏洩した職員に対し、10月7日付で懲戒処分を行った。

同市によれば、環境部の職員が2013年5月、職場の住民基本台帳システムの端末を業務以外の目的で使用。同市の住民1人の世帯情報を閲覧し、情報の一部を知人に漏らしていたという。

同市ではこれを受け、10月7日付けで懲戒停職3カ月および係長級から主任級への降任処分を実施。また管理監督者2人に対し文書による訓告の処分を行った。

同市では再発防止に向けて、全職員を対象に情報管理に関する研修を実施するほか、端末操作ログを各部署で上長が監視できるようシステム変更する。また情報管理適正化チームや、第三者からの通報受付窓口の設置などを検討するとしている。

(Security NEXT - 2013/10/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

業務外で閲覧した個人情報を知人に提供、職員を処分 - 唐津市
職員が住基システムで個人情報を業務外閲覧 - 大阪市
設定ミスでマイナンバーを住民票へ誤記載 - 取手市
案内状の宛名ラベルに性別と生年月日、指示ミスで - 宮代町
職員が住基台帳や課税台帳などデータ18万件を持出 - 西原村
総務省、年金機構の類似攻撃を再点検 - 住基ネットの安全を確認
児童手当通知書の裏面に第三者の住民基本台帳情報 - 泉南市
職員がタレントの個人情報を住基ネットで閲覧 - 生駒市
ベネッセ顧客情報流出で名簿業者「風評被害受けている」 - コメントとサイトの記載に食い違いも
委託先が住民基本台帳データなど含むPCを地下鉄へ置き忘れ - 玉野市