Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「ODN WEBメール」のフィッシング攻撃に注意 - 「偽gooメール」や「偽eoWEBメール」とともに稼働中

ソフトバンクテレコムが提供する「ODN WEBメール」を装ったフィッシング攻撃が確認された。「gooメール」や「eoWEBメール」のフィッシングサイトと同じサーバ上で10月3日22時現在も稼働している。

問題のメールでは、「メンバーシップを確認する必要がある」などと説明。デザインが本物と酷似したフィッシングサイトへ誘導し、IDやパスワードを騙し取る。

10月1日に確認された「gooメール」や「eoWEBメール」のフィッシング攻撃と同様の手口で、本文は機械翻訳などを利用したと見られる不自然な日本語で記載されていた。また在マレーシア英国商工会議所のウェブサーバ上に設置されていることも共通している。

今回見つかったフィッシングサイトは、「gooメール」や「eoWEBメール」の偽サイトとともに10月3日22時の時点でも稼働を続けており、今後、さらに他社のウェブメールサービスがターゲットになる可能性もある。

フィッシング対策協議会では、サイトの停止に向けてJPCERTコーディネーションセンターへ調査を依頼するとともに、インターネット利用者に注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2013/10/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

企業向け認知度調査、もっとも高い「WannaCrypt」でさえ4割満たず
11月のフィッシング報告は414件増の1396件 - 「Apple」関連が7割
セキュリティ対策の注意喚起メールが実はマルウェアメール - 実在するアナウンスを盗用
減少傾向続いたフィッシング攻撃、増加に転じる
偽「NHK」からのメールに注意 - 有料配信サービスの利用請求を偽装
10月のマルウェアメール、7カ月ぶりに減少 - 新種マルウェア5000万件割る
「会員情報変更」を装う偽楽天メール、11月6日ごろより増加
偽bitFlyerによるフィッシング攻撃 - 「アカウント凍結」で不安煽る
10月のフィッシング報告は982件 - 「Apple」関連が7割
LINEを装う「雑な」フィッシング攻撃が発生