Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ソリトン、認証アプライアンス「NetAttest EPS」の新版をリリース - Androidをサポート

ソリトンシステムズは、認証アプライアンスの新版「NetAttest EPS-ap V2.0」と「NetAttest EPS V4.6」を10月15日より提供開始する。

同シリーズは、無線アクセスポイントやリモートアクセスゲートウェイなどと連携し、電子証明書やワンタイムパスワードを用いた認証を実現するアプライアンス。

最新版となる「NetAttest EPS-ap V2.0」と「NetAttest EPS V4.6」では、電子証明書の発行対象として、「Windows」「iOS」にくわえ、あらたに「Android」をサポート。無償アプリ「Soliton KeyManager」を導入することで、SCEPによる安全かつ効率的な電子証明書の発行が可能。

また申請ワークフローシステムを提供する「NeAttest EPS-ap」では、「NetAttest EPS」との連携設定を自動化。承認済みデバイス情報を削除する際に「NetAttest EPS」が発行した電子証明書を自動的に失効することができる。

一方「NetAttest EPS V4.6」では、「NAP(Network Access Protection)検疫サーバ」の機能を搭載。セキュリティポリシーに準拠しない端末を隔離できる。さらに「NetAttest D3」との連携機能や、「MACアドレス認証拡張オプション」機能などを強化した。

(Security NEXT - 2013/10/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「FFRI yarai 3.2」がリリース - 検知エンジンや管理コンソールを強化
「顔」と「手のひら」による手ぶら決済技術 - 日立とKDDI
スマホアプリとマイナンバーカードによる本人確認サービス - 凸版印刷
DNPとNEC、生体認証分野で協業 - 顔認証の本人確認アプリ
ネットワークの可視化やアクセス制御を提供する「FortiNAC」 - フォーティネット
米中間選挙にあわせコンシューマー向け製品を無償提供 - Cylance
シェアリングエコノミー向け本人認証サービス - イー・ガーディアン
国家試験「iパス」、セキュリティ分野の項目を拡充 - 2019年度試験から
CSAJ、データ消去証明書の発行事業を開始 - 対応ソフトやサービス事業者を募集
F5、ボットやDDoSへの対策備えたWAF - オプションでPWリスト攻撃にも対応