Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

フィッシング報告件数が半減するも依然高水準 - 決算代行会社狙う攻撃も活発

フィッシング対策協議会は、9月のフィッシング報告状況について取りまとめた。報告件数は、過去最悪を記録した前月から半減したものの、URL件数は増加するなど予断を許さない状況だ。

131002_ap_001.jpg
報告件数の推移(グラフ:フィッシング対策協議会)

同協議会によれば、9月に寄せられたフィッシング報告件数は180件。最多記録を更新した前月の364件から184件の大幅減。ゲーム利用者を狙ったフィッシング攻撃の減少が影響した。

オンラインゲームを装ってアカウント情報の詐取を試みる攻撃は、6月より徐々に増加し、8月にかけてピークを迎えたが、9月には小康状態に入っている。

しかしながら、これは急増を見せた7月や8月と比較した場合の話で、2013年6月以前と比べると、フィッシング攻撃の報告件数は、過去にない高い水準で推移している。

ゲーム利用者を狙った攻撃に関しても、9月に入ってから複数のドメインでフィッシングサイトが立ち上がるなど、依然として注意が必要な状況が続いている。

一方、フィッシングサイトに利用されたユニークURL件数は、前月より74件多い223件に拡大。決算代行会社を騙ったフィッシングサイトのURLについて多数報告が寄せられたのが原因だという。

それ以外にも、ウェブメールや金融機関ポータルサイトなどを装ったフィッシングが確認されている。フィッシングに悪用されたブランド件数も前月より5件増加して16件だった。

(Security NEXT - 2013/10/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

JALのBEC被害、ビジネスパーソン認知度は25.4% - 「漫画村」は33.5%
フィッシング報告、前月比1.5倍に - 誘導先URLも1.2倍に
偽大学サイトが1年間で961件、16カ国131大学が標的に - 国立大の偽ウェブメールも
フィッシング攻撃が小規模化、誘導先を次々変化 - 対策製品がまにあわないケースも
2018年3Qはインシデント件数が減少 - ウェブ改ざんが3分の2近くに
2018年2Qのフィッシング攻撃は約1割増 - 国内ホストは低水準
9月のフィッシング報告、3割減 - ブランドの悪用被害は増加
7月は不正広告を表示するJavaScriptが1.7倍 - 新亜種が次々開発
2018年上半期のフィッシング、前期比2.7倍で過去最悪 - 銀行狙いは鎮静化
フィッシング報告数、依然高水準 - 大手ブランドかたるメールが多種類