Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

非正規品の「Office」によるトラブルが増加 - マルウェア混入リスクも

海賊版の「Office」と気が付かずに購入し、トラブルに巻き込まれるケースが増えているとして、日本マイクロソフトが注意を呼びかけている。

同ソフトの海賊版などが正規ルート以外のマーケットプレイス、オークションなどを通じて販売されているもの。なかには大手ショッピングモールなどでも堂々と販売されているケースがあり、「正規版」を強調しつつも、通常の価格に比べ、極端に安い価格で販売されているという。

最新のOfficeは、マイクロソフトや正規販売代理店のサイトからダウンロードするしくみ。製品にメディアが添付されていたり、正規ルート以外からダウンロードする場合は、非正規品であると同社は説明している。

またこうした非正規品は、一般消費者向けに提供されていない「Office Professional Plus」や、日本国内向けに販売されていない「Office Home and Student」「Office 365 Home Premium」のほか、「他言語版」「OEM版」」「DSP版」などと称して販売されていた。

非正規品は、「インストールできない」「認証できない」といったトラブルにくわえ、購入時の個人情報が悪用される、提供されたソフトウェアにマルウェアが混入しているといったリスクがあると同社では問題を指摘。注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2013/09/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

メルカリで海賊版「Office」を販売して逮捕 - 認証回避プログラムもあわせて提供か
「海賊版Auto CAD」のオークション販売で有罪判決
悪質業者の手口を知ろう - 特許庁が模倣品や海賊版の撲滅キャンペーン
マルウェア拡散の踏み台にされる日本マンガ - 海賊版サイトに潜む危険
ネットカフェに海賊版OS、経営者らを逮捕
Linuxに感染する「Mumblehard」 - 少なくとも5年前から活動
「ニセモノは、かわいくない!」 - 特許庁が海賊版撲滅キャンペーン
「なりすましサイト」に注意、放置すれば売上減少やクレーム殺到も
ハロウィンの便乗詐欺サイトが登場 - 年末年始も注意を
「Office」の海賊版を販売した夫婦を逮捕