Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

トレンド、クラウドストレージ用データ保護製品の最新版 - ブート領域の暗号化に対応

トレンドマイクロは、クラウドストレージ向けデータ保護ソリューション「Trend Micro SecureCloud」の最新版を提供開始した。

同製品は、クラウドストレージ上に保存されたデータをボリューム単位で暗号化するソリューション。アクセスを許可する仮想サーバにあらかじめエージェントをインストールするだけで制御でき、データの保護を実現する。

最新版となる「同3.5」では、システムのスワップ領域や「Amazon Web Services(AWS)」が提供する一時領域「Ephemeral Storage」の暗号化に対応した。

また起動時に使用するブート領域の暗号化も可能となり、仮想サーバ起動前に不正アクセスされてOSごとコピーされることを防止できるよう改良された。さらに、クラウド環境の構築、管理ツールである「CloudStack(3.0以降)」にも対応している。

(Security NEXT - 2013/09/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ログやマルウェアの無料調査ツール「FalconNest」 - ラック
「セキュアSAMBApro」にオンプレミス版 - 「QNAP」採用
マカフィーとソフバンテク、「CASB」のMSS展開で協業
AWS利用環境のセキュリティリスク診断サービス - CTC
サイバー保険付帯のサーバ脆弱性対策サービス
Carbon Black、日本国内にクラウド運用基盤 - アジア太平洋地域も視野に
ファイル送受信サービス「クリプト便」にファイル共有オプション
ALSI、「InterSafe GatewayConnection」のモバイル向け機能を強化
DC利用者向けに「IDS/IPSサービス」 - キヤノンITS
カスペ、クラウドによるサンドボックス解析サービスを開始