Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

IPA、企業を対象にセキュリティに関する被害実態を調べるアンケート

情報処理推進機構(IPA)は、国内企業を対象としたアンケート調査「2013年度情報セキュリティ事象被害状況調査」を実施している。

同調査は、情報セキュリティ関連の被害実態を調べるための調査。調査票を郵送しており、受け取った場合は、調査へ協力してほしいと呼びかけている。

回答の締め切りは10月4日で、郵送やウェブページ、メールにて受け付けている。電子版の調査票はウェブサイトよりダウンロードすることが可能。回答内容は、統計としてまとめられるため、個別の企業名や個人名は公表されることはないとしている。

(Security NEXT - 2013/09/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

企業の約8割が「BEC」を経験 - 件名に「Re:」「Fwd:」追加が1.5倍
ワールドカップ開催都市の公衆無線LAN、一部信頼性に疑問符
わずか6グループで偽ショッピングサイト2万件を設置 - APWGも脅威として定義追加へ
2018年1Qの不正送金被害は1.8億円 -被害額は個人で倍増、法人は54分の1に
仮想通貨発掘マルウェア4割認知せず - 2割強は広告代わりに発掘を許可
企業3割、標的型攻撃メールを受信 - 17%がマルウェア感染
セキュリティ製品やサービスの国内市場、いずれも5%増と堅調
6割強が「個人情報の保護を怠る企業からは購入しない」
パーソナルデータ利用、旅行先では日常より許容する傾向
6割強がGDPRを理解せず - 半数以上で過去に域内個人情報が流出