Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

HDD全体を暗号化する「CompuSec」に中大規模企業向けラインナップ

キヤノンITソリューションズは、パソコンのハードディスク全体を暗号化できるソフトウェア「CompuSec」シリーズのラインアップと価格体系を見直し、中規模、大規模法人向けとなる「Standard Edition」を追加した。

同製品は、クライアントパソコンのハードディスクを256ビットのAES方式により暗号化するソフトウェア。ハードディスク全体を暗号化し、利用する場合はOSの起動前に認証を行う。

今回のラインアップ変更により、従来製品である中小規模法人向けライセンス製品「CompuSec Basic Edition」と、コンシューマー向けの「CompuSec SW」にくわえて、中規模、大規模法人向けライセンス製品「CompuSec Standard Edition」をあらたに追加した。

同エディションはクライアント暗号化ソフト「CompuSec SW」と管理ツール「GlobalAdmin Lite」をセットにしたもので、クライアントの一元管理が可能。価格は、5から19ライセンスの場合1ライセンスあたり1万3125円。管理ツールは21万円。

「CompuSec Basic Edition」については、今回の価格変更でライセンス数に応じた価格体系となった。5から19ライセンスの場合、1ライセンスあたり8400円。また「CompuSec SW」の価格はパッケージ版が1万3440円。ダウンロード版1万290円。

(Security NEXT - 2013/09/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

F5、ボットやDDoSへの対策備えたWAF - オプションでPWリスト攻撃にも対応
カスペ、法人向けエンドポイント製品に新版 - 共有フォルダの暗号化防止機能など追加
ALSI、シンプルに利用できるファイル暗号化製品
デジタルアーツ、ブラウザ閲覧に対応した「FinalCode 5.4」をリリース
ネットワン、業務利用クラウド向けにCASB - 「Slack」にも対応予定
日立、ランダムノイズで解読防ぐあらたな暗号通信技術を開発
暗号化ポータブルHDD、遠隔削除にもオプション対応 - ハギワラS
DNPとNTTコム、IoT機器向けに耐タンパ性備えたセキュリティSIM
チェックポイント、クラウド向けに「CloudGuard」 - SaaSのアカウント乗っ取り対策など提供
ラックとTRIART、ブロックチェーン応用した分散暗号化技術の開発で協業