Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

新型iPhoneに便乗するフィッシング攻撃が早くも発生 - 「うまい話」に注意を

「iPhone 5s」および「iPhone 5c」の発表にあわせ、早くも便乗するフィッシング詐欺が発生している。これまでも新型iPhoneが登場するごとに、たびたび同様の攻撃が発生しており、もはや恒例となっている。

攻撃を確認した米Trend Microによれば、問題のフィッシングメールは、送信元をAppleのオンラインストアである「Apple Store」に偽装しており、本文は英文だった。プロモーション用イベントで、抽選により新型の「iPhone」や「iPad」が当選したなどと説明してウェブサイトへ誘導、メールアドレスとパスワードを騙し取る。

問題のスパムメールは、「iPhone 5s」および「iPhone 5c」の発表にあわせて送信されており、公式発表が行われる以前の噂段階から準備されていたと見られる。

新型iPhoneに便乗する攻撃はこれまでも確認されており、今回がはじめてのケースではなく、これまでも新機種の噂がでたり、発表が行われる度に攻撃が行われている。

手口もさまざまで、プレゼントやモニターを装うケースに限らず、特売や2台買うと1台が無料になるといったプロモーションを偽装するケースもこれまで発生している。今後も「都合の良い話」には警戒する必要がありそうだ。

(Security NEXT - 2013/09/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

企業向け認知度調査、もっとも高い「WannaCrypt」でさえ4割満たず
11月のフィッシング報告は414件増の1396件 - 「Apple」関連が7割
セキュリティ対策の注意喚起メールが実はマルウェアメール - 実在するアナウンスを盗用
減少傾向続いたフィッシング攻撃、増加に転じる
偽「NHK」からのメールに注意 - 有料配信サービスの利用請求を偽装
10月のマルウェアメール、7カ月ぶりに減少 - 新種マルウェア5000万件割る
「会員情報変更」を装う偽楽天メール、11月6日ごろより増加
偽bitFlyerによるフィッシング攻撃 - 「アカウント凍結」で不安煽る
10月のフィッシング報告は982件 - 「Apple」関連が7割
LINEを装う「雑な」フィッシング攻撃が発生