Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

新型iPhoneに便乗するフィッシング攻撃が早くも発生 - 「うまい話」に注意を

「iPhone 5s」および「iPhone 5c」の発表にあわせ、早くも便乗するフィッシング詐欺が発生している。これまでも新型iPhoneが登場するごとに、たびたび同様の攻撃が発生しており、もはや恒例となっている。

攻撃を確認した米Trend Microによれば、問題のフィッシングメールは、送信元をAppleのオンラインストアである「Apple Store」に偽装しており、本文は英文だった。プロモーション用イベントで、抽選により新型の「iPhone」や「iPad」が当選したなどと説明してウェブサイトへ誘導、メールアドレスとパスワードを騙し取る。

問題のスパムメールは、「iPhone 5s」および「iPhone 5c」の発表にあわせて送信されており、公式発表が行われる以前の噂段階から準備されていたと見られる。

新型iPhoneに便乗する攻撃はこれまでも確認されており、今回がはじめてのケースではなく、これまでも新機種の噂がでたり、発表が行われる度に攻撃が行われている。

手口もさまざまで、プレゼントやモニターを装うケースに限らず、特売や2台買うと1台が無料になるといったプロモーションを偽装するケースもこれまで発生している。今後も「都合の良い話」には警戒する必要がありそうだ。

(Security NEXT - 2013/09/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

偽大学サイトが1年間で961件、16カ国131大学が標的に - 国立大の偽ウェブメールも
カード決済時の本人認証「3Dセキュア」を狙うフィッシングに注意
カスペ、ゲートウェイセキュリティ製品に新版 - 出口対策にも利用できるコンテンツフィルタリングも
フィッシング攻撃が小規模化、誘導先を次々変化 - 対策製品がまにあわないケースも
Yahoo!メール、なりすまし対策で企業アイコンを表示 - DKIMを利用
日本など14カ国の大学を狙う大規模攻撃 - 論文DB装うフィッシングで知的財産を標的に
「アカウントを永久に閉鎖」と不安煽る偽Amazon - 「Amzon」との記載も
2018年3Qはインシデント件数が減少 - ウェブ改ざんが3分の2近くに
ネットで盗難被害のクレカ情報、目立つ「不正トラベル」への悪用
Avastに新版、フィッシング対策や機密データ保護を強化