Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

業務メールに個人情報記載の資料を誤って添付 - 経産省

経済産業省は、東北経済産業局の職員がガス事業者に業務上のメールを送信した際、誤ってほかのガス事業者の従業員69人の個人情報が記載された資料を添付する事故があったことを公表した。

同省によれば、9月6日、ガス事業の供給約款変更の認可申請に関わる特別監査の準備作業として、対象となるガス事業者に資料の事前作成を依頼するメールを送信。その際、職員のミスにより、個人情報が記載された資料を添付した。

添付した資料には、ほかのガス事業者の従業員69人の氏名、生年月日、年齢、賃金などが記載されていたため、情報漏洩の対象となったガス事業者に謝罪。漏洩した情報については、誤送信先ですべて削除され、外部への二次流出がないことを確認したという。

(Security NEXT - 2013/09/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

エキストラ登録者へのメールで誤送信 - 牛久フィルムコミッション
ダム放流のお知らせメールを誤送信 - 新潟県
メルマガ本文に送信先メアドを誤記載 - 福岡県中小企業振興センター
産官学連携プラットフォームのメルマガで誤送信 - 大阪市
メール誤送信で居宅介護支援事業所のメアド流出 - 福岡市
案内メールを誤送信、顧客メアド3100件が流出 - スワンフローリスト
ドラマ「下町ロケット」エキストラのメアド流出 - TBS
取材データの誤送信で職員8人を懲戒処分 - NHK
「メール119システム」の登録者向けメールで誤送信
起業家発掘セミナー参加者宛のメールで誤送信 - 愛知県