Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

サイトの一部ページが改ざん、閲覧でウイルス感染のおそれ - 創造社デザイン専門学校

創造社デザイン専門学校は、サイトの一部ページが不正アクセスにより改ざんされ、閲覧した場合ウイルスに感染する可能性があったことを明らかにした。

改ざん被害に遭ったのは、同校のウェブ専攻コースを紹介するページ。外部委託先のサーバが不正アクセスを受けて改ざんされ、8月26日から9月4日までの間に対象ページを閲覧した場合、ウイルスに感染するおそれがあったという。

同校では、すでに改ざん部分の修正を完了しており、現在は通常通り公開している。同校では、改ざん期間中に対象ページにアクセスした利用者に、ウイルススキャンを実施するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2013/09/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

アルペンにPWリスト攻撃 - 攻撃者は複数店舗でポイント使用
「国際日本研究」コンソーシアムのサイトが改ざん - 無関係の商品ページ設置される
オーガニック製品など扱う通販サイトに不正アクセス - クレカ情報が流出
日本酒定期購入サイトに不正アクセス - 顧客情報が流出
仏具店サイトが改ざん、フォームジャックでクレカ情報窃取 - 2014年末に発生か
バイク用品通販サイトに不正アクセス - クレカ情報が被害
石井スポーツ通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
熊本ワインの通販サイトで決済画面改ざん - クレカなど顧客情報流出の可能性
イオングループの金融サービスで不正ログイン、不正利用発生 - 電話番号改ざんして決済アプリ認証
女性ファッション通販サイトに不正アクセス - 停止後に被害が判明