Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

開催中のG20に便乗する標的型攻撃 - 分割ファイルでショートカットで攻撃

ロシアのサンクトペテルブルクで9月5日、6日の日程で開催されている主要20カ国地域首脳会議に便乗した標的型攻撃メールが、複数のセキュリティベンダーによって確認されている。

米Trend Microによれば、今回発生した標的型攻撃では、G20の会合企画チームを装ってメールを送信しており、9月はじめより流通しているという。

問題のメールには、RAR形式の圧縮ファイルが添付されており、内部には分割されたマルウェアのバイナリファイルとショートカットファイルが同梱されていた。

マルウェアの分割は、セキュリティ対策ソフトの検知を逃れるための偽装工作で、ショートカットファイルによって、分割ファイルを合成し、実行するしくみだった。

また画面キャプチャやキーロガーなどの機能を実現するため、プラグインをあとからダウンロードするしくみだった。単独で動作しないプラグインをダウンロードすることで、検知を逃れようとしていたと見られる。

同様の攻撃は、国内のシマンテックでも検知している。同社が確認した攻撃では、ショートカットがフォルダのアイコンを偽装。さらに別のフォルダが用意されており、Wordファイルとバイナリファイルが隠しファイルとして同梱されていた。フォルダと思ってショートカットファイルを誤って開こうとすると、マルウェアが生成されて感染するしくみだった。

(Security NEXT - 2013/09/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

アナリスト向けカンファレンス「JSAC 2019」の参加登録がスタート
定義ファイル非依存の標的型攻撃対策製品市場、前年比29.9%増 - 今後も高成長との予測
J-CSIP、3Qに標的型攻撃情報39件を共有 - 8月上旬に「iqyファイル」大量ばらまきも
2018年3Qはインシデント件数が減少 - ウェブ改ざんが3分の2近くに
Office数式エディタに対する脆弱性攻撃 - サンドボックス回避のおそれも
中国「APT10」による国内メディア狙った標的型攻撃 - 外交問題関連ファイルを偽装
顧客へのアクセス権限持つMSP、APT攻撃の標的に - 米政府が警鐘
38%の企業がセキュリティ投資を増額 - それでも65%は「不足」
警察庁把握の標的型攻撃メール、前期から半減するも高水準 - 「Excelファイル」が約半数
【特別企画】セキュリティクイズ 標的型攻撃なのに「ばらまき型」? 警察庁の定義とは