Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

総務省、スマホ安全強化戦略を公表 - アプリの第三者検証や青少年の安全利用など提言

総務省は、スマートフォンの安心かつ安全な利用を促進するための提言「スマートフォン安心安全強化戦略」を取りまとめた。

同省が、2012年12月に設置した「スマートフォン時代における安心・安全な利用環境の在り方に関するWG」にて、ユーザーが安心してスマートフォンを利用できる環境を整備するための議論を重ね、課題への対応について検討を行い、パブリックコメントを経て最終報告を取りまとめたもの。

スマートフォンのプライバシー保護に関しては、2012年に「スマートフォンプライバシーイニシアティブ」においてアプリによる利用者情報の取り扱い指針を決定。くわえて「スマートフォン・クラウドセキュリティ研究会」によりセキュリティ対策に関する報告が行われている。

今回の最終報告ではこれらを踏まえた上で、当面の主要な課題を示した。3種類の独立したイニシアティブで構成されており、これらをパッケージとすることで総合的な政策提言を目指している。

なかでもスマートフォンにおいて個人情報が不正に取得され問題となっているアプリの信頼性向上に向け、第三者検証のあり方について議論し、提言としてまとめたのが「スマートフォンプライバシーイニシアティブII」。

利用者情報を適切に扱うため、共通に利用できる検証基準を提示するなど、「スマートフォンプライバシーイニシアティブ」で示された指針について実効性を確保し、スマートフォン市場の拡大や国際的な連携の推進などへつながるよう期待を込めている。

またスマートフォンやモバイルデータ通信サービスにおける苦情や相談の増加していることを受けて「CS適正化イニシアティブ」を決定。期間拘束付契約について更新月を通知したり、通信速度の表示、代理店に対する指導徹底など、問題解決について方策を示し、業界全体で取り組むことへ期待を示した。

さらに青少年がソーシャルメディアサービスを安全に利用するための課題および対応をまとめた「スマートユースイニシアティブ」を取りまとめている。フィルタリングやリテラシーの向上、ガイドラインの活用など関係者に取り組みを求める。

(Security NEXT - 2013/09/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「ランサムウェア」関連の相談が大幅減 - 一方で被害も
ランサムウェアを6割が認知するも、4割強はバックアップ未実施
国内ネット利用者の214人に1人がボット感染 - 世界で203位
KDL、医療分野に特化したハッキングコンテストを開催
リソース消費が多いAndroidアプリランキング、GoogleやSamsungが上位に
国内7%がID窃取被害を経験 - 端末の紛失は9%
電子レシート活用実験、3人に2人がポイント対価に個人情報を提供
「ランサムウェア」関連の相談が約6倍に - 67件で被害
2017年2Qの脆弱性届け出は269件 - ソフトウェア関連が2.6倍に
総務省、「スマートフォンプライバシーイニシアティブIII」を策定