Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

夏休みに入りフィッシングが急増 - 国内でホストされるケースも増加

EMCジャパンRSA事業本部は、7月に同社が観測したフィッシング攻撃の状況を取りまとめた。前月から26%増加し、4万5000件を超えている。

20130904_em_001.jpg
フィッシング攻撃件数の推移(グラフ:EMC)

同社によれば、7月のフィッシング攻撃は4万5232件。6月の3万5831件を大きく上回った。2万件台で推移した4月以降、増加傾向だったが、例年増加傾向を見せる夏休みを迎えて4万5000件を超えた。

フィッシング攻撃を受けた回数の割合を国別に見ると、前月同様米国が最多。3カ月連続で割合が増加し、58%まで上昇した。ドイツが9%と上位に食い込み、前回2番目に多かった「イギリス」は8%で3位だった。

フィッシング攻撃を受けたブランドは337件で前月の341件から微減。4月以降、300件超の状態が続いている。5回以上の攻撃を受けたブランドは162件だった。攻撃を受けたブランドの割合を国別にみると「米国(28%)」が前月同様最多。「イギリス(11%)」「インド(6%)」と前回とトップ3の順位に変化は見られなかった。

フィッシングサイトのホスト国の割合は、米国が45%を占めて最多。ひと桁台でカナダ、ドイツ、イギリス、オランダが続く。日本国内を見ると、2013年に入ってからフィッシングサイトがホストされるケースは、多くても10件強と低水準で推移していたが、7月に入り状況が一転。2012年10月以来の高水準となる39件へと急増した。

(Security NEXT - 2013/09/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

JALのBEC被害、ビジネスパーソン認知度は25.4% - 「漫画村」は33.5%
フィッシング報告、前月比1.5倍に - 誘導先URLも1.2倍に
偽大学サイトが1年間で961件、16カ国131大学が標的に - 国立大の偽ウェブメールも
フィッシング攻撃が小規模化、誘導先を次々変化 - 対策製品がまにあわないケースも
2018年3Qはインシデント件数が減少 - ウェブ改ざんが3分の2近くに
2018年2Qのフィッシング攻撃は約1割増 - 国内ホストは低水準
9月のフィッシング報告、3割減 - ブランドの悪用被害は増加
7月は不正広告を表示するJavaScriptが1.7倍 - 新亜種が次々開発
2018年上半期のフィッシング、前期比2.7倍で過去最悪 - 銀行狙いは鎮静化
フィッシング報告数、依然高水準 - 大手ブランドかたるメールが多種類