Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「ロリポップ!」がサーバ設定を変更 - 「シンボリックリンク」を制限

「ロリポップ!レンタルサーバー」において、改ざん被害が多発した問題で、運営会社のpaperboy&co.は、対策の進捗状況やサーバの設定変更についてアナウンスを行っている。

同サービスにおいてWordPressを利用する一部顧客において改ざん被害が発生し、その対応を進めているもの。問題となった改ざんは、WordPressのフォーラムやブロガーの指摘で問題が表面化し、被害件数は同社が把握しているだけで8438件にのぼる。

当初8月28日のアナウンスでは、ユーザーによるパスワード管理の不備が原因であるとしていたが、その後30日に同社が設定したファイルパーミッションが原因であるとの認識を示した。

同社では、サーバ内で利用されている「WordPress」が参照するデータベースのパスワードと、設定ファイルの記載内容を変更。サーバ内のファイルに対し、引き続きウィルススキャンを実行しているほか、サーバにおけるWAF(Web Application Firewall)の有効化を進めている。

また、あらたな対策としてウェブサーバの設定変更を実施し、サーバにおいて「シンボリックリンク」を許可する「FollowSymLinks」を無効化したという。

今後は、ファイルオーナーのみシンボリックリンクへアクセスできる「SymLinksIfOwnerMatch」のみ利用を許可し、利用者がサーバに設置している設定ファイル「.htaccess」の記述も書き換えた。

今回の設定変更に関し、同社は改ざんとの因果関係については言及していない。一方で「シンボリックリンク」が無制限に許可されている場合、ウェブサーバの権限でファイルへアクセスされ、ソースなどを閲覧されてしまうおそれがあり、パーミッションの設定ミスと組み合わせて今回の攻撃で利用されたのではないかとの見方も出ている。

(Security NEXT - 2013/09/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

複数回にわたり改ざん被害、不正サイトへ誘導 - ソフトウェア開発会社
今治タオルの通販サイトで改ざん - 偽決済画面誘導でクレカ情報詐取
聖教新聞通販サイトから個人情報18万件が流出か - 偽決済画面でクレカ情報の詐取も
不正DNSへ変更する「GhostDNS」、10万台以上が被害 - 70種類以上のルータが対象
福島信金でサイト改ざん、マルウェアやサポート詐欺に誘導
アノニマスが日本の政府機関を攻撃すると宣言 - 大規模攻撃に発展するおそれも
宮城県図書館サイトにDDoS攻撃 - 特定国より認証ページに大量アクセス
電子書籍作成サービスに不正アクセス、作品が改ざん - ロールバックで一部データが消失
WordPressの脆弱な追加機能狙う攻撃 - サイト間感染のおそれも
長野県立歴史館のサイトが改ざん - 第三者が画像や文言を追加