Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

小学校教諭が個人情報含むSDカードを紛失 - 中野区

中野区は、小学校教諭が、児童26人の個人情報や写真が記録されたSDメモリカードを紛失していたことを公表した。

紛失したメモリカードは、同教諭が個人で所有しているデジタルカメラで使用していたもの。カメラと一緒にケースに入れていたが、7月23日にカードがなくなっていることが判明。24日に校長に報告した後、28日に警察へ届け出た。

SDカードには、昨年度担任した6年生26人の氏名と成績評価、および卒業を祝う会で使用した個人写真などが記録されていた。同校では保護者会を開催したほか、対象者に書面で謝罪した。

(Security NEXT - 2013/08/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「情報セキュリティ対策支援サイト」を刷新 - IPA
スマホによる顔認証入退管理ソリューション - NTTドコモ
自宅で個人情報を保持して外部漏洩、職員を懲戒免職 - 弘前市
Wi-Fi利用者や提供者向けセキュガイドラインに改訂版 - 総務省
Mozilla、「Firefox for iOS 26」で脆弱性に対処
「VMware」複数製品に脆弱性 - 特にmacOS環境で注意を
フィッシングサイトの割合増加 - 27%がHTTPS対応
最新「iOS」にゼロデイ脆弱性 - ジェイルブレイクツールが公開される
海外拠点経由の不正侵入で情報流出、内部横展開も - NTTコム
愛知県、新型コロ患者情報の誤掲載で賠償金 - 1人あたり最大4万円