Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

JNSA、「Windows XP」のサポート終了リスクを解説する企業向けセミナー

日本ネットワークセキュリティ協会(JNSA)は、2014年4月迫った「Windows XP」や「Office 2003」のサポート終了を安全に乗り切るためのワークショップを、8月27日に都内で開催する。

同セミナーは、依然として利用者が多い「Windows XP」のサポート終了によって懸念されるリスクの詳細を解説する企業担当者向けのワークショップ。

移行作業時に注意すべきポイントや、移行がまにあわない場合もリスクを最小限にとどめる方法などを説明する。

またOSの移行という視点にとどまらず、よりITを有効に活用するための観点からも考察。セミナー修了後は、質疑応答の時間を用意しており、個別の質問や相談などにも対応する。

セミナーの定員は70人で参加費は無料。申し込みは、協会事務局にてメールで受け付けている。詳細は同協会のサイトから。

(Security NEXT - 2013/08/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Petya」も狙う「MS17-010」の脆弱性、少なくとも4000万台弱の未修正端末が稼働
MS、「Windows XP」などサポート終了OS向けに緊急パッチ - LAN内端末狙う「WannaCrypt」対策で
MS、国家関与などで脅威高まる脆弱性を公表 - 旧OSにパッチ供給、ゼロデイ脆弱性にも対応
サポート終了「IIS 6.0」の脆弱性を狙う攻撃を観測 - ただちに対策を
「WannaCrypt」の復号キーをメモリから取得する「WannaKey」
「WannaCrypt」感染の9割超が「Windows 7」- 「Windows 10」でも
MS検証ツールにゼロデイ脆弱性、セキュリティ対策ソフトの制御奪取に悪用可能
4月に「Windows Vista」がEOL - 「Windows 7」終了まであと3年
「Windows 7」からのOS移行、2割がEOLにまにあわない可能性
「Chrome 50」の安定版がリリース、セキュリティ上の問題20件を修正