Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「PhishWallプレミアム」が「Firefox」と「Chrome」をサポート

セキュアブレインは、金融機関向けフィッシング対策ソリューション「PhishWallプレミアム」の対応ブラウザに「Firefox」と「Chrome」を追加した。

同製品は、金融機関が「PhishWallサーバ」を導入し、顧客がPCに「PhishWall クライアント」をインストールすることで、顧客がアクセスした金融機関のサイトがフィッシングサイトではない正規サイトであることを証明するソリューション。

視覚的に安全をアピールするほか、ブラウザを乗っ取るMITB攻撃型ウイルスに顧客のPCが感染していないかチェック。感染の兆候があった場合、警告の表示やウイルスの無効化を行う。

従来は「Internet Explorer」のみ対応だったが、「Firefox」と「Chrome」にあらたに対応し、両ブラウザに対応するクライアントソフトを公開した。同社サイトから無料でダウンロードできる。

(Security NEXT - 2013/08/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

米Akamai、悪意あるドメインへの接続防ぐソリューション
iOS版「ノートンモバイル」にPW管理機能 - iOSシェア高い日本向けに
ALSI、公衆無線LAN提供事業者向けのフィルタリングプラットフォーム
パロアルト、「PAN-OS 8.0」をリリース - サンドボックス回避攻撃へ対策
Bitdefender、家庭用IoT機器を保護するBOX型アプライアンス
ソフォス、自動化できるフィッシングトレーニングソリューション
ニフティ、PCだけでなくIoT全般を保護する家庭向けサービス
ESET個人向け製品、新版でランサム対策など追加 - モニター版を公開
WEPキーの盗難対策などを搭載した無線LANアクセスポイント
ウェブ経由の脅威に対抗するブラウザ用プラグイン - チェック・ポイント