Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

IPA、脆弱性データベースの活用セミナーを開催

情報処理推進機構(IPA)は、脆弱性対策情報データベースを活用するためのセミナーを、9月5日に都内で開催する。

同機構が提供する脆弱性対策情報データベース「JVN iPedia」を活用するためのセミナー。セキュリティ管理部門、システム管理部門に配属直後や、脆弱性対策に興味がある製品開発者、管理者を対象としている。

セミナーでは、脆弱性や攻撃の傾向、データベースを用いた対策について説明。さらに脆弱性を識別するための「CVE」や深刻度を評価するための「CVSS」を活用する方法を解説し、脆弱性対策について基礎的な内容を学習できる。

定員は30人で先着順で受け付ける。参加費用は1000円。申し込みはウェブサイトにて受け付ける。

(Security NEXT - 2013/08/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

不正サイトのマルウェア拡散、「仮想通貨採掘ツール」にシフト - 相場高騰が後押しか
445番ポートへのパケットを継続して観測、「WannaCrypt」の影響収束せず
2017年3Qの脆弱性届け出は121件 - 前四半期から半減
2017年3Qの脆弱性登録は3695件 - 制御システム関連は99件
金融機関の3割でサイバー攻撃が発生 - 1割が「経営に影響」と回答
「ReadyNAS Surveillance」の脆弱性に対する攻撃 - 継続的に観測
ランサムウェアを6割が認知するも、4割強はバックアップ未実施
目立つ「HeartBleed」関連インシデント - ラック報告
2016年のモバイルセキュリティ市場は65億円 - 5年後には2倍に
2017年2Qは脆弱性への攻撃が増加 - エクスプロイト公開が影響