Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

労働力調査関連書類を郵便局が配送中に紛失 - 埼玉県

埼玉県は、個人情報が記載された労働力調査関連書類が郵送中に所在不明になったことを明らかにした。

同県によると、委託業者が8月8日、労働調査の調査票などを調査員にゆうパックで発送したが、10日に岩槻郵便局の配達員が配送中に紛失したという。

紛失したのは、総務省が実施している労働調査の調査票など。さいたま市岩槻区在住の調査対象世帯の世帯主氏名、および15歳以上の世帯員の氏名、性別、生年月、就業状況など、29人分の個人情報が記載されていた。

同県では、対象世帯に対し説明と謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2013/08/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ポイントカード申込書が所在不明、2カ月分の郵送が未着 - キリン堂
県民意識調査の対象者名簿が所在不明に - 福岡県
顧客情報含む書類が盗難被害 - 兵庫県の郵便局
日本郵便に不正アクセス、送り状やメアドが流出 - 「Apache Struts 2」の脆弱性が原因
ふるさと納税のマイナンバーを異なる自治体へ誤送付 - 都城市
不正アクセスによる情報漏洩、会員など最大約6万人に影響 - イベント制作会社
マルウェア感染で債務者情報が流出か - 新生銀行関連会社
「東京ズーネット」に不正アクセス - 個人情報が流出
補助金申請事業者の情報含むUSBメモリが所在不明 - 東京商工会
インシデントへ便乗、JTBのなりすましメールに注意を