Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

障害者技能競技大会の参加者名簿を会場内で紛失 - 大阪障害者職業センター

高齢・障害・求職者雇用支援機構 大阪障害者職業センターが実施した「平成25年度大阪障害者技能競技大会」において、参加者64人の個人情報が記載された名簿が所在不明になっている。

同センターによれば、紛失が発生したのは大会のワード・プロセッサ競技会場であるポリテクセンター関西。7月6日の競技終了後、審査員が競技選手との質疑応答のため審査員席を離れ、選手席で十数分間対応した間に、審査員席に置いていた審査員用名簿がなくなったという。

紛失したのはワード・プロセッサ、DTP、パソコンデータ入力、ホームページ、データベースの競技種目における参加者名簿で、64人分の氏名、性別、競技種目、障害部位と等級、所属、必要な補助などの種類、過去大会の入賞記録などが記載されていた。

同センターでは、警察へ紛失を届けるとともに、対象となる選手やその保護者、所属企業関係者などに説明と謝罪を行った。

(Security NEXT - 2013/08/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

家計調査員が調査対象世帯の個人情報を紛失 - 三重県
教員が学生の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 明星大
高齢者の個人情報含む名簿が所在不明 - 名古屋市
長野県、なりすまし職員に公文書渡す - 確認口頭のみで
県立高で個人情報含むファイルを誤送信 - 新潟県
農産物栽培協力者の個人情報含む名簿を紛失 - 東京都
消防本部で高齢者世帯名簿を紛失 - 岐阜市
地域防災リーダーの名簿が所在不明に - 大阪市
小学校教諭が個人情報含む私物USBメモリを紛失 - 柏市
県民意識調査の対象者名簿が所在不明に - 福岡県