Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Windows Phone」の無線LAN認証に脆弱性 - MSがアドバイザリを公表

日本マイクロソフトは、「Windows Phone」において、「WPA2ワイヤレス認証」で使用する「PEAP-MS-CHAPv2」の認証プロトコルにおける脆弱性についてセキュリティアドバイザリを公開した。

同認証プロトコルにおける脆弱性が公表されており、悪用することで「Windows Phone」から情報漏洩が発生する可能性があるという。「同8」「同7.8」が影響を受ける。

攻撃のシナリオとしては、攻撃者が既知の無線LANアクセスポイントを偽装。デバイスがアクセスポイントへの認証を自動的に試行すると、ユーザーの暗号化ドメイン資格情報を傍受。さらに、攻撃者が「PEAP-MS-CHAPv2プロトコル」の脆弱性により、標的となるユーザーのドメイン資格情報を入手する可能性がある。

同社では、「Windows Phone」より認証プロセスを開始する前に、証明書でアクセスポイントを確認することを推奨するアクションのひとつに挙げている。

脆弱性に対する攻撃は発生しておらず、利用者に対する影響なども現時点では確認していないが、今後同社では、状況の変化に応じて、アナウンスを行っていくという。

(Security NEXT - 2013/08/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

VMware、「SpectreNG」対策で複数製品向けにパッチを準備
管理甘い「Cisco Smart Install Client」の探索行為が増加 - 警察庁が注意喚起
「VMware Workstation」「Fusion」に脆弱性 - アップデートで対応
D-Link製の一部ルータにバックドアが判明 - サポート終了で修正予定なし
「strongSwan VPN」に脆弱性 - サービス拒否に陥るおそれ
「Spectre」「Meltdown」と類似した脆弱性2件が判明 - 数週間以内に更新予定
「baserCMS」に7件の脆弱性 - リモートより悪用のおそれ
「BIND 9.12」にリモートから攻撃可能な脆弱性が2件 - アップデートがリリース
攻撃狙う「Cisco Smart Install」は「デフォルトで有効」 - IOS利用者は注意を
「Nessus」にXSSやセッション固定など2件の脆弱性