Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

メールニュース読者に誤ってマルウェアをメール配信 - 都産技研

東京都立産業技術研究センターは、メールニュースの読者に対し、誤ってマルウェアを添付したメールを送信したことを明らかにした。マルウェアは、コンピュータから情報を盗み出すトロイの木馬だという。

同センターによれば、7月19日18時53分に「都産技研メールニュース」読者にメールを配信する際、本来ならば同センターの事業や技術に関する情報を配信すべきところを、メールニュース配信用アドレスに送られた悪意あるメールを、操作ミスにより配信したという。

メールの件名は「Scanned Image from a Xerox WorkCentre」で、添付されたウイルスは「PWS:Win32/Fareit.A」「TROJ_FAREIT.AB」「Generic PWS.y!dts」などの名称で呼ばれるトロイの木馬だった。感染するとコンピュータから情報を盗み出して外部に送信する。

同センターでは、メールや添付ファイルを開封しないよう注意を呼びかけている。また今後、「都産技研メールニュース」は配信専用のアドレスを使用し、メール受信は行わないなどの対策を講じるとしている。

(Security NEXT - 2013/08/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

セキュリティ対策の注意喚起メールが実はマルウェアメール - 実在するアナウンスを盗用
P2P監視システム上のマルウェア保管でベンダーのアナリストが逮捕
不正プログラム検出数が前期の4倍超 - 検出経路「メール」が急増
「ランサムウェア」関連の相談が大幅減 - 一方で被害も
マカフィー、コンシューマー向けに新版をリリース - クラウドによる機械学習を活用
「ウイルスバスター」に新版 - 機械学習と従来技術併用の強みを強調
4社に1社が個人端末を業務利用、4割がルールなし
「ランサムウェア」関連の相談が約6倍に - 67件で被害
ネットワーク経由のマルウェア検出が急上昇 - 「WannaCrypt」が影響
JC3、マルウェア付きメールの送信日や件名を一覧化したページを公開