Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ソリトン、マルチデバイス対応のセキュアアクセスソリューションを発売

ソリトンシステムズは、マルチデバイス対応のセキュアアクセスソリューション「Soliton SecureBrowser/Soliton SecureGateway V1.0」を提供開始した。

同製品は、専用ブラウザからゲートウェイを経由して企業の社内システムやクラウドシステムにアクセスさせることで、スマートデバイス利用時のセキュリティを確保するソリューション。「Windows」「Mac OS X」「iOS」「Android」に対応しているため、マルチデバイス環境でも統一したセキュリティポリシーを適用できる。

「Soliton SecureBrowser」は、サンドボックスにより保護された空間で動作。ほかのアプリへコピーを禁止するほか、端末にデータが残存しないよう設計されている。またブックマークの一括配布やタブブラウジングに対応している。

さらに「Soliton SecureBrowser」と「Soliton SecureGateway」間は、暗号化通信を行うため別途VPN機器を利用する必要はなく、Soliton SecureGatewayへの接続時には、デジタル証明書による端末認証やユーザー認証で不正利用を防止できる。

500ユーザーで利用する場合、「Soliton SecureGateway」の価格は、231万円から。「Soliton SecureBrowser」は無償で提供する。

(Security NEXT - 2013/08/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「顔」と「手のひら」による手ぶら決済技術 - 日立とKDDI
スマホアプリとマイナンバーカードによる本人確認サービス - 凸版印刷
「Android アプリセキュアコーディングガイド」の新版が公開 - 「Android 9.0」に対応
PCカメラでの盗撮を物理的に防御、スライド式カバーが発売
DNPとNEC、生体認証分野で協業 - 顔認証の本人確認アプリ
LPWAにも対応する無線通信のセキュリティ診断サービス
捜査機関向けAndroid調査ツールに新版 - LINEのトーク取得に対応
「情報セキュリティ白書2018」が発売 - PDF版はアンケート回答で無料
スマートファクトリーのセキュリティ対策評価フレームワークを開発 - KPMG
ハードや通信を調査する「IoTセキュリティ診断サービス」 - ラック