Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ソリトン、マルチデバイス対応のセキュアアクセスソリューションを発売

ソリトンシステムズは、マルチデバイス対応のセキュアアクセスソリューション「Soliton SecureBrowser/Soliton SecureGateway V1.0」を提供開始した。

同製品は、専用ブラウザからゲートウェイを経由して企業の社内システムやクラウドシステムにアクセスさせることで、スマートデバイス利用時のセキュリティを確保するソリューション。「Windows」「Mac OS X」「iOS」「Android」に対応しているため、マルチデバイス環境でも統一したセキュリティポリシーを適用できる。

「Soliton SecureBrowser」は、サンドボックスにより保護された空間で動作。ほかのアプリへコピーを禁止するほか、端末にデータが残存しないよう設計されている。またブックマークの一括配布やタブブラウジングに対応している。

さらに「Soliton SecureBrowser」と「Soliton SecureGateway」間は、暗号化通信を行うため別途VPN機器を利用する必要はなく、Soliton SecureGatewayへの接続時には、デジタル証明書による端末認証やユーザー認証で不正利用を防止できる。

500ユーザーで利用する場合、「Soliton SecureGateway」の価格は、231万円から。「Soliton SecureBrowser」は無償で提供する。

(Security NEXT - 2013/08/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

PwCサイバーサービス、IoT機器の脆弱性検査に特化したラボを開設
STM、セキュリティモジュールを実装した車載用プロセッサ
シマンテック、エンドポイントに「おとり機能」を追加 - 複数のEDRオプションも
マカフィー、子どものスマホ見守りサービスを年内開始
成果報酬制の脆弱性診断サービス - SHIFT SECURITY
デバイス証明書にも対応するクラウド向けSSOサービス - HDE
JMAS、スマホ端末上にデータ残さない音声レコーダーアプリ
ブロックチェーンシステム向けにセキュリティ診断サービス - NRIセキュア
「情報セキュリティ白書2017」を発売 - IoTやFintechに注目
カスペと静岡大、「ジュニアスマホ検定」の2017年度版を公開